インターネット上ですでに稼働しているブロックチェーン技術がビットコインを支えております。

このブロックチェーン技術とは、記憶したデータを

1.消せない

2.改ざんできない

3.盗めない

4.誰にも止めることができない。(ネットワークを)

この4つの条件は従来のネットワークの常識を大きく覆すものでした。

 

 

上記の図が従来のネットワークとこれからのネットワークの比較表になります。

従来は管理元(国や企業)が存在し、情報を管理していたのですが、このブロックチェーン技術を元にネットワーク管理を実施すると、右記のようなシステムになるのです。

このネットワークをビットコインというコインに模した形でデータのやりとりをさせているのです。

要するに、ビットコインは分散型ネットワークの総称なのです。

そしてインターネット上に存在する誰の管理・影響も受けないブロックチェーンが、分散型ネットワーク上に取引履歴を書き記していくのです。

さらにそのデータは全てのユーザーが共有し合うことになります。

これをピア・ツー・ピアといい、P2P型ネットワークと記載されていることが多いです。

ビットコインの公開取引簿を全ユーザーが保有し管理されていることになっているのです。

全員が保有しているということは全てがオープンになっており誰がどれだけ保有しているか誰から誰へ送金されたとか全てが分かってしまうのです。

ですから全く怪しいことはなく、非常にクリアにされた世界なのです。

まとめ2
仮想通貨・ビットコイン初心者 第二歩

1.仮想通貨の正式な名称は暗号通貨(クリプトカレンシー)と呼ぶ。

2.日本は法律で仮想通貨を決済として用いることを正式に認めた世界で一番最初の国である。

3.ビットコインというのは、実は分散型ネットワークの総称である。ブロックチェーンとP2Pはセットで考えること。

 

この分散型ネットワークの技術に世界中が注目している!!

ビットコインをざっくりイメージすることが出来ましたでしょうか?

最も端的に簡単に表現をしますと、これらの技術を参考に、今までのインターネットを始め、世の中のネットワーク(通信網)がガラりと変わるポテンシャルを秘めています。

これは世界全体のネットワークインフラ整備が左記の図のように実施されるということになります。

ほぼすべての通信機器やネットワークがこの技術を元に総入れ替えになると思われます。

この大改革が行われるため、世界が大きく動き始めているのです。

ブロックチェーン技術は、インターネットの普及により世界が成長した規模に匹敵するぐらいのインパクトがあります。

今やグローバル化が進みすぎたこともあり、一国の経済成長ではなく、世界全体がブロックチェーン技術中心となって今後10年経済成長していくはずです。

これは発展途上国が大半を占めるアフリカ諸国も巻き込む世界同時イベントなのです。

人類史上初のグローバルバブルとなると考えられます。

こういった技術に直接投資をする=ビットコインやアルトコインに購入する と結び付けられるでしょう。

ブロックチェーン技術の総称がビットコインです。だから価格が上昇しているのです。

このビッグバンをご理解頂けたのなら、今すぐビットコインを買ってみるべきではないでしょうか。

 

ビットコインを購入する注意点(初心者必見!)

ビットコインを買うなら必ず仮想通貨交換業者として金融庁から許可が下りている業者から購入しましょう。
⇒ビットコイン・仮想通貨おすすめ取引所一覧ページはこちら。

もう少しビットコインについてイメージを深めたい!っという方はこちらの記事をご覧ください。
⇒もし貨幣にブロックチェーン技術が備わったら

ビットコイン以外の仮想通貨について知りたいという方はこちら!
人気アルトコイン一覧をそれぞれ個々に説明しておりますので、ぜひこちらをご覧頂ければと思います。
⇒アルトコイン初心者・投資前必読!仮想通貨各種特徴まとめ一覧

ビットコインFX: