bitbank.cc おすすめアルトコイン&トレードツール紹介!

寺子

寺子

 
FX投資家からビットコインにのめりつつあるBTC女子!
臆病なのでまずは下調べをしてから取り組むタイプ。
BitFlyerの「コインをもらう」経由でショッピングしてへそくりを貯めるのが楽しみ。
寺子

■bitnank.ccでトレードするなら、取引高ナンバーワンのXRP(リップル)!

(引用元:CoinGecko )

実はリップルの取引高の世界No.1はbitbank.ccであるのをご存知ですか?

取引高が高い=流通量が多いことで、大きな金額の売買をしても価格が飛びにくいですし、何よりキャンペーン中で取引手数料がかからないため、リップルを安く購入することが出来るのが魅力です。

発注方法も、取引パネルで指値か成行を選んで売買したい数量を入れて注文するだけです。


▲取引手数料メイカー・テイカーともに0%なのが嬉しい

 

■分析ツールが豊富なTrading Viewを使いこなそう

bitbank.ccの取引ツールはTrading Viewを採用しています。Trading Viewはとにかくチャート分析ツールが豊富です!
まずはチャート画面を全部表示させてみましょう。ブラウザを小さくしていると、四隅にあるメニューが隠れてしまっている状態になります。

Trading Viewの使い方に関しては、こちらでも紹介していますので合わせてどうぞ。

ピンクの①~④はチャートを分析するのに使う分析系ツールです。

ブルーの丸はチャートに描画したものを削除するためのツールです。

①インジケーター類


インジケーター類は全部で70種類ほどあります。よく使うのはADX、BB:ボリンジャーバンド、CCI、DMI、Ichimoku、Keltner:ケルトナーチャネル、MA、MACD、RSI、Stoch:ストキャスティクスなどでしょうか。

 

②フィボナッチ系

こちらもいろいろな種類のフィボナッチ系インジケーターが揃っていますが、使用するのは王道のフィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・エクステンションくらいでしょうか。

③ハーモニック・パターン系

こちらはハーモニックパターンやエリオット波動系のインジケーターです。ヘッド&ショルダーやエリオットはよく使うチャート分析手法です。

④トレード補助系


▲ロングポジションのトレード予測ツールを使った場合。エントリーポイント、損切りライン、利確ラインをポインタを動かして決めると、リスクリワード比率がわかるツール。

一回ずつのトレードのリスク管理をするためにも有効なツール。

 

番外:チャートの拡大、縮小はマウスが便利

チャートにも+、-、のアイコンでチャートを拡大、縮小するツールがあるが、マウスのスクロールで簡単に拡大縮小できるので覚えておくと便利です。

bitbank.ccはリップル取引高世界No.1、全仮想通貨の取引手数料無料中なので、アルトコインの売買に最適ではないでしょうか。

【参考記事】

→Trading Viewの使い方

→リップルXRPのレバレッジ取引ができる取引所は・・・?