仮想通貨FXの「レバレッジ」の概念を間違って認識していませんか?
レバレッジ設定変更方法など。


仮想通貨の価格変動が2017年頃よりも落ち着いてしまった今、「レバレッジ」を効かせた仮想通貨FXをしてみたい人も多いと思います。

しかしレバレッジを、きちんと理解している人は少ないことでしょう。
よく「テコの原理」を用いて解説されていますが、「正直わかりにくい……」と思うことでしょう。


参照:Lightning FX(ビットコイン FX)とは?

中には「ハイリスク・ハイリターン」というイメージから、損益が何倍にもなる仕組みと誤解してしまっている人も散見されます。

そこでレバレッジの仕組を、図と実例で解説します。

 

仮想通貨FXの「レバレッジ」の概念とは?

レバレッジとは、仮想通貨FXで証拠金に掛ける倍率のことです。
それにより、最大運用額が決まります。

つまり「レバレッジ5倍・10倍・25倍」などの、“〇〇倍”がレバレッジです。

例)証拠金1万円・レバレッジ10倍のときの最大運用額
1万 × 10 = 10万円(最大運用額)

注意点として、証拠金にレバレッジを掛けた「最大運用額の資金」は、実質的に取引所からレンタルをしています。
そのため運用する資金は、自己資金ではなくレンタルしている資金と言えます。

レンタルした資金は全て運用する必要はなく、証拠金とのバランスで運用します。

仮想通貨FX(レバレッジ取引)がハイリスク・ハイリターンな理由


仮想通貨FXが現物売買よりもハイリスク・ハイリターンと言われるのは、自己資金(証拠金)よりも大きい運用額でトレードできるからです。

【レバレッジの特徴】

  • ハイリターン →最大利益がより大きい
  • ハイリスク  →最大損失が通常時より大きい

そのためレバレッジを高くする時は、今保有しているポジションが自己資金対して、どれだけの大きさなのか認識しましょう。

仮に大きすぎるポジションを保有していた場合は、以下のリスクが伴います。

【レバレッジのリスク】

  • すぐにロスカットルールが発動する
  • 価格急変時の最大損失が大きくなる

その反面、きちんと運用額をコントロールした場合には、以下のメリットがあります。

【レバレッジのメリット】

  • より利益を狙える
  • ロスカットルールが発動しにくい

レバレッジの変更方法

レバレッジは、取引注文画面から変更できます。

【レバレッジ倍率変更イメージ】

参照:Liquid

 

【まとめ】仮想通貨FXのレバレッジとは

  1. レバレッジとは、仮想通貨FXで証拠金に掛ける倍率のことで、それにより最大運用額が決まります
  2. その資金は実質的に取引所からレンタルをしています
  3. 運用額は、自己資金とのバランスによって決めましょう

【類似記事一覧】

仮想通貨FX・レバレッジトレード入門記事が一覧になってます。是非ご参考ください。

また仮想通貨トレーディング用語集一覧ページもございます。

あいうえお順にしてますので、わかりやすいと思います。こちらも併せてご参考ください。

仮想通貨レバレッジトレード(証拠金取引)ができるおすすめの取引所、及び比較ページは下記を御覧ください。

初心者でもわかりやすい比較表付き!仮想通貨FX・レバレッジおすすめ取引所

ビットコインFX: