アルトコイン・おすすめのレバレッジ取引所LiquidにXRP(リップル)が追加!
レバレッジ最大25倍で国内唯一

Liquid by QUOINEのレバレッジ取引に、XRP(リップル)が追加されました(2018年10月19日(金)より)。

またビットコインキャッシュも近日リリース予定のようです。

これにて、Liquidでは、アルトコインのレバレッジ取引所として大きく進化しようとしております!

BTC/JPY,BTC/USD、BTC/EURなどの日本円以外にも通貨ペアを豊富になりつつあり、取扱もBTC,ETH,XRP,BCHと増えてきました。

ロールオーバーのマイナススワップも1日0.0025%と国内ダントツで安価です。(しかもデイリー決済の場合は無料!)

今回はリリースされたばかりのリップル(XRP)レバレッジ取引におけるスプレッドや取引量はどうなのか?

チェックしてみたいと思います!

 

■レバレッジ取引の仕方

リップルのレバレッジ取引取扱コインペアはXRP/JPYのみのようです。

レバレッジはビットコイン同様に、アカウントごとに2倍~最大25倍まで選択可能でした。

その他、両建設定では両建て設定なし、両建て設定あり、ネットアウトの3種類から選択することができるため、安心です。

まあ、まず両建て設定かネットアウト設定でよいでしょう。

 

■スプレッド・取引量について

スプレッドは現物、レバレッジ共通で0.25-0.27円ほど。%でいうと0.5%程度です。

流通量も多く、数量の多い注文が目立ちます。

レバレッジ取引の手数料は無料、建玉時のポジション料も無料なのは嬉しいですね!

持ち越しポジション料は0.025%/日かかります。

【関連記事】

→BCH,ETHの取引ならLiquidが最もお得でおすすめ!

→Liquid取引所はスプレッドが狭い!?

 

■XRPのレバレッジ25倍は国内唯一!

GMOの仮想通貨FXや、DMMのアルトコインレバレッジ取引でもXRPのレバレッジ取引の扱いがありますが、最高でもレバレッジは5倍。Liquidでは最大レバレッジ25倍まで選択でき、アルトコインでのレバレッジ取引では国内最高にして唯一になります。しかも取引所形式なので、スプレッドも非常に狭いということで、リップルのレバレッジトレードをアクティブにやりたい方なら、Liquidで決まりでしょう!

Liquidのレバレッジ取引の注文方法や注文種別は種類が多く、難しく感じるところもありますので、きちんと理解して取引に挑みましょうね!

出所・参考元:Liquid by Quoine取引所ウェブページ

ビットコインFX: