公開日: 2019/01/23 

イーサリアム(ETH)の売買におすすめの取引所を徹底比較(2019年1月版)

イーサリアム(ETH)を最安値で購入せよ!

仮想通貨の時価総額で常に2位か3位に位置しているイーサリアム(ETH)。2019年1月時点では価格は1万2000円、時価総額は1.3兆円ほどで推移しています。

今回は、イーサリアム(ETH/JPY)の売買で手数料やスプレッドが安いおすすめの仮想通貨取引所についてご紹介します。(2018年7月24日最新情報に更新)

取引所は国内に絞り、仮想通貨交換事の業者登録を済ませた金融庁お墨付きの大手5社に絞ってご紹介します。

【調査を行う5つの交換業者】

  • Liquid by QUOINEX
  • BITPoint
  • GMOコイン
  • bitFlyer
  • DMM Bitcoin

イーサリアムに始めて投資する方がお得に、より安く購入することができる取引所を紹介できるように、手数料やスプレッドを徹底的に比較してみました。

是非ご覧ください。

イーサリアム(ETH)の売買で押さえておくべきポイント

時価総額の高いイーサリアムはほぼ全ての取引所で売買が可能ですが、取引所によって価格や手数料が大きく異なります。

まずはイーサリアムの売買の際に押さえておきたい項目を優先度の高い順にみておきましょう。

  • 取引所方式
  • 売買手数料
  • 流動性・取引高
  • 約定力
  • 使いやすさ

イーサリアム(ETH/JPY)取り扱い交換業者概要

今回比較する交換業者の概要を見ていきましょう。

通貨ペアはイーサリアム円(ETH/JPY)で比較します。もっとも重要な項目は交換業者の形式(取引所か販売所)となります。

取引所形式 手数料 出金手数料 送金手数料
BITPoint 取引所 無料 振込手数料実費 無料
DMM Bitcoin 販売所 無料  無料  無料
Liquid 取引所 無料 500円 無料
bitFlyer 販売所 無料 216~756円 0.005 ETH
GMOコイン 販売所 無料 無料 無料

取引所方式

イーサリアムの購入には、交換業者を利用するのが一般的です。

その際に一番重要なのことが「取引所」か「販売所」かどちらを利用するかということです。
【参考記事】ビットコインを買うのに、販売所と取引所どっちがお得?

交換業者のユーザー同士の売買である「取引所」と、交換業者との売買となる「販売所」ですが、イーサリアムの売買には「取引所」の利用がお得になります。

その理由は、販売所は売値と買値の価格差(スプレッド)が3%以上開いている交換業者がほとんどで、イーサリアムを買った瞬間にその分の価格差を損してしまうからです。

例えば、bitFlyerのイーサリアム販売所を見てみましょう。

出所:bitFlyer 2019/1/23

この場合、1ETHを購入した場合に、13,637円が必要になります。
そして、買ってすぐに売却した場合に売値は12,680円ですので、943円の損失となります。

なんと、約7%も資産が現状してしまうことになるのです。これは痛いですよね

では、取引所方式を提供しているLiquid by QUOINEを見てみましょう。

出所:Liquid by QUOINE 2019/1/23

スプレッドと言うところを見ると、なんと31.17円となっています。

bitFlyerで売買するよりも1ETHあたり911円(943円-31円)も特になることが分かります。

イーサリアムに限らず、仮想通貨の売買には基本的に「取引所方式」を利用するようにしましょう。

イーサリアム円(ETH/JPY)の取引で取引所方式を採用している交換業者はBITPointとLiquidです。

売買手数料

言うまでもなく売買手数料は安い方が良いに決まっています。

上の表を見ると、今回比較している交換業者の手数料は全て無料となっています。

ですので、取引所方式を採用しているBITPoint、Liquidが良いということになります。

流動性・取引高

流動性とは、取引が行われる回数となります。

極端な話、1日100回しか取引のない交換業者と1万回の取引がある交換業者があるとします。この場合、1万回の取引がある交換業者の方が売買したい値段で売買したい量の取引を行える可能性が高くなります。

板が厚いことや、24時間あたりの取引高が多い交換業者が良いことになります。

日本でイーサリアムの取引高が高い取引所はBTCBOXです。

BTCBOX:26,000ETH
Liquid:7,500ETH
BITPoint:2,600ETH

ただし、今回の比較調査においてBTCBOXは入っておりません。これは、度々仮想通貨の価格が5分の1になるというような異常値を出すことがあるからです。「BTCBOX ビットコイン 暴落」などで検索すると、2018年7月にビットコインが15万円になるという驚くべき事象があったことが分かります。

そのため、流動性と取引量から見ると、イーサリアムの売買に適した故構内の交換業者はLiquid by QUOINEXとなります。

もう答えが出てしまいましたね(笑)

約定力

いくら手数料が安くて取引量があっても、肝心の取引システムがしっかりしてないといけません。

仮想通貨交換業者では、度々bitFlyerのサーバーが弱いと噂になっていました。

bitFlyerFXの注取引量は世界トップレベル。しかし、取引インフラが追い付いていないという残念な結果となっていました。

さて、そこで安定した取引システムではLiquidとBITPointが定評があります。

Liquid:取引処理性能は毎秒100万回と世界最高速の取引エンジンを搭載。

BITPoint:サーバーダウン0回。金融商品取引業者水準の強固なセキュリティを実現。

DMM Bitcoinはサーバーダウンはあまり聞きませんが、スプレッドが広く、GMOコインは毎日15時からメンテナンスがあるので、もしこの時間に価格があった場合に対応できません。

使いやすさ

取引ツールやアプリの使いやすさは、見やすい、分析しやすい、操作しやすいなど投資家のストレスに左右します。

 

主要取引所5社イーサリアム購入価格比較!

【イーサリアム(ETH)購入価格比較】

QUOINEX:50,123円
BITPoint :50,900円
Zaif:50,545円
GMOコイン:51,821円
bitFlyer: 52,236円

取引所と販売所の違いがあるため、販売所のGMOコインとbitFlyerは価格が高めになっています。

取引所の中では、QUOINEX > Zaif > BITPointとなりましたがZaifは成行きの場合0.1%の手数料が掛かります。

よって、QUOINEX > BITPoint > Zaif > GMOコイン > bitFlyer、という結果になりました。

 

イーサリアム(ETH)売却価格比較】

QUOINEX:49,965円
BITPoint:50,200円
Zaif:50,255円(手数料込み 49,752円)
GMOコイン:48,326円
bitFlyer:48,580円

売却価格に関しては

BITPoint > QUOINEX > Zaif > bitFlyer > GMOコイン

となりました!

前回2018年5月に調査した際は、売却価格はbitFlyerが購入価格も売却価格も高かったので売却先としてbitFlyerをオススメしていました。しかし今回はBITPointが購入価格も安く、売却価格も高い結果になりました。

◆Zaifは売却手数料にも注意しておきましょう

Zaifはビットコインを売買する場合の手数料がマイナスであることで有名なのですが、アルトコインに関してはメイカー(買い)手数料0%、テイカー(売り)手数料は0.1-0.3%掛かります。

イーサリアムは0.1%掛かりますので、提示価格が安くても決済されるときに若干この手数料が掛かることがありますので、合わせて注意をしておきましょう。

イーサリアムの購入にはQUOINEXとBITPointがおすすめ

結論を言いますと、イーサリアムを0.1〜5ETH程度であれば、BITPointもQUOINEXも安く買い集めることができます。

どちらが最安値になるかは時間帯にもより異なりますので、購入時に比較してみると良いでしょう。

 

QUOIINEXは注文数量が多い場合、板からどれくらい取得してくるのかも詳細に分かりますので、価格を公正に拾ってくることが分かるのが好感がもてます。

(100ETHJPYの購入するために注文した場合、拾ってくるテイカー価格がずらりと並んでおり、平均約定レートが提示されます)

一方BITPointは、板情報はあるものの内訳までは分からないので、大量注文した際にどれくらいの価格になるのか分かりにくい点がありました。しかしBITPoint Advanceの導入からこの問題も解消され、板が見えるようになりました!

◆BITPoint Advanceの導入でさらに使いやすくなったBITPoint

(▲BITPoint Advance画面)

これまで通りの簡易取引画面の他、トレードに特化した新トレードプラットフォームが追加され、チャート分析がより行いやすくなりました。

さらに、仮想通貨の送金手数料が無料なところがいいですね。

また、着金までの所要時間もオンタイムなため、BITPointで購入して他社で売却するということに余計な手数料や時間がかからないのも魅力です。
※QUOINEXは送金に1〜2営業日かかります

【最安はここだ!】イーサリアムの売買でおすすめ取引所まとめ

【ビットポイント】スプレッド20〜300円が主流で断然お買い得。送金手数料が無料で着金も早い!

【ビットフライヤー】ETHJPYの購入先としては不適合。売り先としても優位性がなくなってしまったので、ETHJPY取引では利用をオススメしない。一度BTCJPYで購入し、さらにETH/BTCを買わなければならなく面倒。

【QUOINX】購入先候補の2つ目。手数料無料で、大きめの注文でも比較的安く購入できます。ただし外部送金に日数がかかることが少し難点。

【Zaif】:購入先候補の3つめ。テイカー手数料が0.1%かかるのでその点も加味して付き合うと良さそうです。ただし、板がめちゃくちゃ薄く0.1や0.01ばかり。

 

以上を踏まえまして、2018年7月現在時点をベースでイーサリアム(ETH)を比較してみましたところ、価格の安さや送金コストを考慮すると、BITPoint JapanまたはQUOINEXでETH購入をするのが一番お得だということが分かりました。

このように仮想通貨取引所間ではいつも差がありますので、みなさんもぜひ賢く投資をしてみてください!

【その他の比較記事一覧】
リップルXRPおすすめ取引所・比較
ライトコインLTCおすすめ取引所比較