ホワイトペーパーとは?書いてある内容から投資する参考として読むときのコツまでを解説します!

仮想通貨の「ホワイトペーパー」は読んだことはありますか?

言葉は聞いたことがあるけど、実際に読んだことはな……。という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はホワイトペーパーについて、

  • ホワイトペーパーのとは・基本
  • 4種類のホワイトペーパーと日本語訳
  • 投資対象としてホワイトペーパーを読むときのコツ
  • ホワイトペーパーは仮想通貨以外にもあるの?

といった項目を解説します。
この記事を読んでホワイトペーパーを効率的に読めるようになりましょう。

 

仮想通貨のホワイトペーパーとは


仮想通貨におけるホワイトペーパーは、その仮想通貨の内容や目的、技術的な内容が書かれている書類のことです。
仮想通貨によって書式も様々で、上記に挙げた項目について書かれていないこともあります。

また、仮想通貨のホワイトペーパーは基本的に英語で書かれていることがほとんどですが、中には日本に翻訳されているホワイトペーパーもインターネット上にあります。

なおホワイトペーパーを直訳すると、政府が国会に提出してる報告書の「白書」となりますが、仮想通貨のホワイトペーパーとは全く違った書類です。

ではホワイトペーパーはどこで見ることができるのでしょうか?

 

基軸通貨のホワイトペーパー4選+1

ホワイトペーパーは仮想通貨の発行元が公式サイトなどで公開されています。

今回は実際に代表的な仮想通貨のホワイトペーパーを見てみましょう。
4種類のホワイトペーパーとその日本語訳を用意しました。(リップルの和訳は見つからず参考サイトを掲載します。)

①Bitcoin ホワイトペーパー:全12章
https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

日本語訳
http://www.kk-kernel.co.jp/qgis/HALTAK/FEBupload/nakamotosatoshi-paper.pdf

②Ethereum ホワイトペーパー:全5章22節
https://github.com/ethereum/wiki/wiki/White-Paper

日本語訳
https://github.com/ethereum/wiki/wiki/%5BJapanese%5D–Ethereum-Development-Tutorial


③Ripple ホワイトペーパー:全5章9節
https://ripple.com/files/ripple_consensus_whitepaper.pdf

日本語による参考サイト
http://gtgox.com/about-ripple/

 
④Nem ホワイトペーパー:全9章45節
https://nem.io/wp-content/themes/nem/files/NEM_techRef.pdf

日本語訳
http://nemmanual.net/NEM_Technical_reference_JA/

 

⑤COBAN REXX ホワイトペーパー 日本語訳


https://coban-rexx.org/wp-content/themes/coban-rexx-org-theme/img/cch_whitepaper_ja.pdf

では仮想通貨のホワイトペーパーには実際にどんなことが書いてあるのでしょうか?

 

ホワイトペーパーに書いてある内容

ホワイトペーパーの内容は以下の項目について書いてあることが多いです。

【例】ホワイトペーパーに書かれている内容

  • 経済が抱えている問題について
  • その問題に対して仮想通貨を用いた解決方法の提案
  • 技術的な解説
  • プロジェクトの段階や詳細
  • トークンの売り出し方法
  • その他

なお仮想通貨におけるホワイトペーパーの記載方法には特に決まったルールはなく、書いてある内容は各仮想通貨によって異なります。
中には技術的や仕組みなどの文章が多い「技術書」のようなホワイトペーパーも多くあります。

では実際に仮想通貨の内容を知りたい時には、どのような視点を持ってホワイトペーパーを読むと理解が進むのでしょうか?
次の項目でその方法を紹介します。

 

ホワイトペーパーから仮想通貨の内容を見分ける方法

投資対象とするか否かの参考としてホワイトペーパーを読むときは、いくつかの視点を持ち読み進めることをオススメします。
その仮想通貨の将来性や内容・特性をよりスムーズに理解し投資対象とするか否かを見分てみましょう。

 

【例】ホワイトペーパーを読むときの要点

  • 目的や概念・社会に与える役割があるか

  • 実行するための技術(ブロックチェーン)は伴っているか

  • その技術を開発するための人員はそろっているか、及びGithubなどにソースコードはアップされているか?

  • 資金を集めた後の計画が明確にされているか、また資金を過剰に募集しすぎていないか

  • 技術的・資産価値的に考えらえるリスクへの対策・対処方法が明記されているか

上記は一例ですが、まずは実際にホワイトペーパーを読んでみることをお勧めします。

 

仮想通貨以外でホワイトペーパーに似ている書類

実は仮想通貨以外にもホワイトペーパーという書類は存在します。

  • 仮想通貨以外のビジネスの「ホワイトペーパー」
  • 株式や投資信託の「目論見書(もくろみしょ)」

ビジネスのホワイトペーパーとは、は製品又はサービスをマーケティングする際にその解説やターゲットとなる市場を分析・解説している書類(資料)です。

目論見書とは、株式や投資信託などの有価証券(金融商品)を募集したり売り出す際に投資家に交付する書類のことです。

株式の目論見書には、証券情報/募集要項/募集の条件/売出要項/企業情報が、投資信託の目論見書には、目的/リスク/実績/手数料などが記載されています。

仮想通貨の中でもICO(イニシャルコインオフォリング)を行う際に公開されるホワイトペーパーは、この目論見書に近い内容が書かれていることが多いです。

 

ホワイトペーパーのまとめ

この記事では仮想通貨のホワイトペーパーについて解説しました。
大事なポイントを再度ピックアップします。

  1. 仮想通貨のホワイトペーパーとは、その仮想通貨の内容や目的、技術的な内容が書かれている書類のことです。
  2. ホワイトペーパーは仮想通貨の公式ページに掲載がされていますが、日本語訳はインターネット上で別途探す必要があります。
  3. 投資するか否かの判断の参考として仮想通貨のホワイトペーパーを読む時には、いくつかの要点の内容を確認しましょう。

 →仮想通貨わかりやすく!記事一覧

ビットコインFX: