つくば市ブロックチェーンを使った選挙を実施

つくば市は、住民が地方開発計画の是非を問う住民投票を行う際に、ブロックチェーンベースのシステムを実証実験した最初の都市となりました。

この技術は、政府のウェブサイトに基づいて、インターネットや人工知能などのテクノロジーアプリケーションに焦点を当てた提案の企画書から社会貢献プロジェクトを選択するために使用されたものです。

参考元:https://www.coindesk.com/japanese-city-trials-blockchain-voting-for-social-development-programs/

報告書によると、このシステムはID認証マシンと分散型ネットワークが統合しています。

検証のためにIDカードをマシンに置いた後、有権者は優先プログラムを選択していきます。システムはさらに、不正開封防止型分散ネットワークを介して、その紙のデータを暗号化して保存します。

「複雑な手続きが必要だと思っていたが、最小限の手続きで可能だと言うことが分かりました。」と、つくば市長の五十嵐哲夫氏はコメントを残しました。

地方紙によると、地方自治体は、審査を経て申請が成功すれば、山岳地帯や離島に済む遠隔住民、外国の住民にサービスを拡大することを期待しています。

このテストは、政府が投票用紙にキャスティングとセキュリティを確保するための分散型台帳技術に転向した最新の例です。

以前に米国のウェストバージニア州は、2018年11月中間選挙にて、遠方にいる軍の有権者らの投票など、遠隔にて投票できるシステム開発を実施実現に向けて支援すると発表がありました。

ウェストバージニア州全体でブロックチェーンベースの申請を採択する運びとなっているようです。

関連記事:ビットコインニュース・まとめ一覧へ

 

ビットコインFX: