RCIトレード手法 トレンド転換、順張りのエントリーポイントがわかる!

RCIとは

RCIとはRank Correlation Indexの略で、日本語では「順位相関指数」と呼ばれます。

日数と価格に順位をつけ、両者にどれだけ相関関係があるのかを指標化しています。

RCIは3つの期間を同時に使うことでトレンド転換の初動をとらえ、かつ押し目(戻り目)のタイミングをつかむのに適しているテクニカル指標といえます。

また、オシレーター(逆張り)系とトレンド(順張り)系の両方の要素を併せ持つテクニカル指標です。

RCIを利用したトレード手法について

RCIの基本的なパラメーター(期間)は短期9、中期26、長期52とします。

この見方は、中央値の±0を基準に、+0~+100%が上昇基調を表し、-0~-100%が下落基調を表しています。

±80%を超えてくると強いトレンドが発生中となり、同時に買われ過ぎ、売られ過ぎと見ることもでき逆張りのタイミングにもなります。

 

レンジ相場では長期52ラインが-80%(-0.8)以下に潜ってから、再度-80%を上抜けてくるタイミングが逆張りのタイミングとなります。

 

トレンド相場においては、長期52ラインが±80%以上を保っており天井付近に張り付いている時に強いトレンドが発生している状態と言えます。その場合は、より短い中期26ライン、短期9ラインが反対の±80付近に戻してから反発もしくは反落するタイミングが押し目、戻り目のエントリーポイントになります。

GMOコインでRCI手法のチャート分析

それでは実際に「GMOコイン」の仮想通貨FXアプリ「ビットレ君」を使ってRCIを見ていきましょう。※PC版の仮想通貨FXには、RCIの罫線分析がないので、アプリで使用してください

チャート画面からチャート設定を出し、「テクニカルエリア」のRCIにチェックを入れます。

デフォルトでは短期・中期・長期が5,9,22になっているので、これを9,26,52に変更します。

デフォルト表示ではこんな感じ↓

短期と中期の違いがあまりないため、RCI5があまり役目を果たしていません。

そして、パラメーターを変更すると以下のようになります。

9,26,52であればよりはっきり短期、中期、長期の違いが分かるようになります。

表示させる時間足は1時間足以上がおすすめです。

 

再度それぞれのRCIのラインの役割を見ていきましょう。

【RCI短期9の使い方】

短期間での買われ過ぎ、売られ過ぎを表すため、主にエントリータイミングに使われることが多いです。

RCI9が上を向いていたら、短期的に買い合図、RCI9が下を向いたら、短期的に売り合図と判断されます。

【RCI中期26の使い方】

トレンド転換のタイミングや、チャートの方向性の確認で利用できます。

RCIのエース指標です。RCI26の方向性にだけはあまり逆らわない方よいです。

上を向いているときは、上昇、下を向いているときは下落なのですが、特に±80%(0.8)ラインでは本領を発揮しはじめます。

よって、+80%以上で推移且つ上方向、−80%以下で推移且つ下方向を向いたときはトレンドが加速しやすい傾向がありますので、注意しておきましょう。

【RCI長期52の使い方】

長期目線での方向性を示していて、上に張り付いていれば上昇が続いている、下に張り付いていれば下落が続いていると見て、エントリーの方向性のフィルターに使います。

使い方はRCI26と同じです。ただし、かなりのんびり屋さんです。

RCI26と52はかなりバラバラに動くのですが、一度同じ方向を向くと、大きなトレンドが出始めている可能性があります。

まとめ

つまり、この3本の使い分けは、買いで勝負するときに少なくとも2本の線が上方向に向いていることが望ましいです。または3本とも上方向に向いているとかなり強気で勝負できるでしょう。

もちろん逆もしかりです。2本以上、RCIが下方向に向いておりましたら、売りで勝負です。3本共下方向に向いていたら強気で売り勝負となります。

出所:GMOコインiPhoneアプリ

①の場面では、直近高値を一度超えて、再度下落するか、上昇するかという場面です。

中期26ラインが長期52ラインを下限で上抜いたので、中期目線が上昇になりました。

その後、短期9ラインが下限帯からうわ抜けるタイミングを見計らってエントリーです。

中期、長期が上限に張り付いている②の画面においては、トレンドが継続しているとして、

再度短期9ラインの-50以上からの折り返しでエントリーも可能です。

 

水平線、トレンドライン、移動平均線と併せて使う

出所:GMOコインiPhoneアプリ

RCIだけでも、ひとつのチャートで3つの時間軸の分析ができる優れものです。

しかし、これに水平線ブレイクや、トレンドラインブレイクを使えばよりエントリータイミングに優位性が出ます。

移動平均線も3本使ってみると、よりトレンドが分かりやすいですね。

なんとなくトレンドになっているのは分かるけれど、エントリータイミングの根拠が曖昧だという方におすすめのテクニカル分析です。

オシレーター指標なのに3本も指数があるため、ヒントが多いテクニカルということは確かです。

ローソク足とRCIだけでも十分トレードできますので、初心者の方はぜひ使ってみてくださいね!

RCIを使うのに最も適しているスマホアプリはGMOコインです。

国内の取引所では取り扱いが少ないテクニカル分析ですので、注意してください。精度はひろぴー流ではお墨付きですよ!

当サイトのおすすめレバレッジ取引所でもGMOコインは紹介しておりますので、ぜひ覗いてみてください。

以上、RCIの使い方・トレード手法についてお話しました(・∀・)

 

他のテクニカル指標に関してもご覧ください。

【テクニカル指標に関する記事】
ボリンジャーバンドとは
移動平均線とは
MACDとは

初心者でもわかりやすい比較表付き!仮想通貨FX・レバレッジおすすめ取引所