楽天は「みんなのビットコイン」を240万ドルで買収

楽天は、日本のビットコイン交換所を買収することで、暗号通貨産業へのもう一つのステップアップを目指しています。

同社は、2018年8月31日金曜日に「みんなのビットコイン」と呼ばれる取引所(仮想通貨みなし交換業)の100%に対する株式移転契約を締結したと発表しました。買収は10月1日に完了する予定で、おおよそ2億6,500万円(240万ドル)の費用がかかると推測されます。

出所参考元
https://www.coindesk.com/rakuten-seeks-to-acquire-bitcoin-exchange-in-2-4-million-deal/
https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2018/0831_02.html

この発表に楽天は、「今までにも銀行や証券、電子マネー等のフィンテック事業で様々なサービスを提供しており、今後は仮想通貨産業におけるさらなる発展を目指している。」と声明を述べました。

「暗号方式を円滑に提供するために、私たちは暗号暗号交換機能を取得し、ユーザー提供体制を整える必要があると考えています。」と発言。

さらに、同社は、暗号化交換サービスの提供を求めている証券ビジネス部門の外国人顧客からの要求に応えてるよう尽力すると述べているようです。

楽天は買収後、内部システムの強化を支援することを目指しています。

今日の発表によれば、みんなのビットコインは、2018年3月30日決算で2017年度において、約444,000ドル(約5000万円)が損失を計上したことを報告しています。

この買収案は、楽天グループがグローバルユーザーベースを拡大するための手段の1つとして、独自の暗号通貨リリースを開始する予定であるという以前の発表の流れを受けてです。

【直近、仮想通貨NEWS 簡易まとめ一覧】

ビットコインFX: