警察庁、仮想通貨犯罪対策ソフトウェア開発へ3500万円投資

日本の警察庁(NPA)は、仮想通貨に関する詐欺行為、不正な巨額な資金が流出する不正盗難事件も発生しているため、個人を追跡するための新しいソフトウェアの開発に資金注力することになっています。

NHKのニュースによると、警察庁は、ソフトウェアの民間部門への技術開発をアウトソーシングするために、2019年に3500万円(315,000ドル)を予算に投入するとしています。
参考元 https://www.coindesk.com/japanese-police-to-fund-crypto-criminal-tracking-tool/

NPAは、このソフトウェアは疑わしいとフラグされたブロックチェーントランザクションの流れを追跡し、暗号化を送信または受信する個人を「視覚化して特定」すると述べています。その努力は明らかに、日本では暗号詐称を伴う刑事事件の疑いが増えていることに対応しているようです。ブロックチェーン取引の匿名性を考えれば、さらなる調査を行う際には、国内の警察が困難に直面しています。

今年の初めに、NPAは、CoinDeskが報告したように、2017年のわずか8ヶ月で、日本の暗号取引所からの疑惑のあるマネーロンダリングの報告を669件受けたことを明らかにします。

さらに、3月の同局の報告によると、ハッカーは、2017年に日本のユーザーの交換所や財布の口座から、少なくとも620万ドルの暗号化を盗んだことが分かっています。

Coincheckの取引所が5億2000万ドルのハッキングを報告した後、日本の暗号化業界も1月にヒットし、監督当局からより良い暗号化防止マネーロンダリングとセキュリティ対策を要求しました。

ブロックチェーンニュースのリーダーであるCoinDeskは、最高のジャーナリズム基準を追求し、厳格な編集方針に従うメディアコンセントです。 CoinDeskは、デジタル通貨グループの独立した事業子会社であり、暗号通貨とブロックチェーンのスタートアップに投資します。

【手数料・無料は当然!】本当におすすめの仮想通貨取引所・比較はこちら!

ビットコインFX: