韓国暗号通貨取引所Bithumbはユーザー登録再開!

Bithumbは、韓国で最大の暗号通貨取引所の1つであり、同国の農協銀行との契約を更新したと伝えられている。新たなアカウント登録での口座開設受け入れを再開する見通しのようです。

韓国の広告代理店ヨンハップは、Bithumbと農協が8月30日に契約書に署名する予定だと報道しました。これは、交換所が新しいいわゆる実名の仮想アカウントを暗号化取引業者に割り当てることを許可するためのようです。

【出所参考元】https://www.coindesk.com/bithumb-to-restart-user-registrations-as-bank-agrees-contract-renewal/

以前にCoinDeskから報告されているように、Bithumbは7月31日に新しいアカウント登録サービスを中止し、「サービス改善プロセス」に特化したと発表しました。

当時の報道では、6月の為替の3100万ドルのハッキングに続く変更を銀行が主張していたため、強制的に停止されていたのです。

現在、韓国の銀行は、暗号交換のアカウントサービスを提供して、ユーザーの資産を代理して預け入れることができます。ただし、銀行のデポジット口座内の特定のユーザー専用の仮想口座は、銀行がマネーロンダリング防止目的で資金の流れを監視できるように、了解を得たユーザーのIDとパスワードで管理することが出来ます。

国の規制の下では、ユーザーの口座は、例えば、取引所の口座では、個人の資金と営業用の資金とは分けて管理しなければなりません。

7月に比べて、Bithumbの24時間取引量は7月31日の約3億5000万ドルから8月3日の2億ドルへと3日ぶりに40%減少しました。

1日あたりの取引量は8月23日までにさらに約7,170万ドルにまで減少しておりましたが、プレス時には3億4,400万ドル以上にまで回復を実現しました。

仮想通貨円建てチャート 主軸コインから草コインまで23通貨ペア!

ビットコインFX: