サムスン、ブロックチェーンツールによる銀行業務合理化目指す。

楊

 
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
楊

韓国Samsungの子会社であるSamsungSDSは、韓国銀行のブロックチェーンベースの認証プラットフォームを開発した、と発表がありました。

韓国銀行連合と共同開発したBankSign(バンクサイン)と呼ばれる新しいプラットフォームは、異なる銀行のモバイルシステム同士の相互運用をシームレス化に向けて動いているようです。これにより、ユーザはさまざまなアプリケーション間で取引・通信を行うことが出来るようになります。
出所参考元 https://www.coindesk.com/samsung-looks-to-streamline-banking-with-blockchain-tool/

この認証にはパスワード、指紋、パターンを使用して1つのアプリからの検証が必要になるとのことです。

サムスンSDSの代表は、銀行のシステムをデータ共有ネットワークに接続することでシステムのセキュリティを確保し、このネットワーク内の認証データは最大3年間有効であると発表をしております。

この声明によると、このセキュリティはブロックチェーンの固有の不変性によってかなりの高度セキュリティを誇るようです。

一部のコメントを引用すると「BankSignは、銀行サービスに期待されているブロックチェーンテクノロジーの最初のアプリケーションです。同社は、銀行や金融機関の競争力を強化するデジタル変革事業を引き続き拡大します。」と言及がありました。

サムスンSDSは2015年に発足し、2017年に最初のビジネスプラットフォームであるNexledgerを発売しました。その後、ブロックチェーンテクノロジーと人工知能であるNexfinanceを導入し、異なる金融会社の財務記録を追跡して統合するよう設計されたデジタル金融プラットフォームを発表しています。

それは、金融サービスを一括したもので、クレジット払い、保険、クレジットカードのポイントを管理、それらの機能を1つにまとめて管理することが出来るようになると韓国のヘラルドは今年6月に報じています。

仮想通貨ニュース・直近簡易まとめ一覧