アリババ決済会社は暗号通貨での取引を監視する

 

Alibabaの決済関連会社であるAnt Financial(アリフィナンシャル)は、

中国の規制当局と協力して、Alipayモバイルアプリを使用して暗号化取引を精査していると北京ニュースは金曜日に報じました。

アリ・ファイナンシャルは、商店と顧客の両方のアカウントを監視する努力を強化しています。また、OTC(Over-the-Counter)暗号を容易にするAlipayゲートウェイを統合した有名なサイトも監視しています。
出所参考元:https://www.coindesk.com/alibaba-affiliate-to-step-up-scrutiny-over-crypto-otc-trading-using-alipay/

Ant Financialの広報担当者はCoinDeskに対し、「Alipayは仮想通貨取引のサービスを提供しないという原則に従う」と付け加えました。

「仮想通貨に関連する疑いのある取引が見つかった場合は、関連する資金移動の中断や永久的な制限などの適切な措置を講じています。しかし、同社は、暗号取引の関与により既に発見されたアカウントの数や数についての詳細は提示していません。

このニュースは、中国の金融規制当局が現在、中国の投資家にサービスを提供している100以上の海外の暗号取引プラットフォームへのインターネットアクセスを阻止しようとしているという昨日の報告に続いています。

インターネット大手テンセントが立ち上げたもう1つの有名なモバイル決済アプリケーションであるWeChat Payは、これまでにCoinDeskが報告したように、暗号トランザクションの処理が疑われるアカウントも監視し、すでにブロックしています。

2017年9月に中国の人民銀行からの暗号取引と初期コインの提供が著しく禁止された後、主要な中国の取引所はすべて海外に事業を移したが、引き続き暗号取引をOTC取引に提供しました。

アリペイ、ウィーチャットは、その後中国人が暗号投資資産を購入する方法として使用されてきました。

仮想通貨ニュース・まとめ一覧

投稿者プロフィール

楊
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
ビットコインFX: