英国ブレグジット時に活躍!?「Wirex」英国から電子マネー許可を得る。

ロンドンに本拠を置くビットコインウォレットとペイメントカードのプロバイダーであるワイヤックス(Wirex)は23日、英国の金融監督当局から電子マネーのライセンスを受ける企業になったとを発表しました。

欧州連合(EU)と欧州自由貿易協会(EU)との間で公的記録に基づいて電子マネーを発行し、支払いサービスを提供することができるようにするため、英国の財務執行機関(FCA)はこの承認についてコメントしたようです。
出所参考元:https://www.coindesk.com/bitcoin-wallet-provider-receives-e-money-license-from-uk-regulator/

Wirexの共同設立者であるパベル・マベベフ氏は、このリリースで「[欧州経済地域]を通じて電子マネーサービスを改善・改良することに尽力すると述べました。

「既存の財務執行機関(FCA)代理店ライセンスの代わりに、独自の主要ライセンスを取得することは、効率性向上とコスト削減につながります。

Wirexのメディア代理人、Kelly Horn(ホーン)氏によれば、具体的にこのライセンスによりWirex社はお客様により低料金でより迅速な対応が可能となるとのことです。

E-coinとして知られていたWirexは、2014年に設立された暗号通貨取引所です。

暗号化のスタートアップは、ユーロ経済圏在住の住民に支払いカードを提供し始めたことを5月に発表しました。

イギリスは現在、2019年3月に向けてソフトブレグジットかハードブレグジットで揺れています。

ブレグジットが白紙になった場合、イギリスはEU諸国に厳しい対応を迫られ、英国ポンドは急落の可能性が高く、ユーロとの交換レートでも不利な状況に追い込まれるでしょう。先進国通貨がまるで新興国通貨のような値動きになってしまう可能性があります。

英国ポンドのレートは不安定になりますので、仮想通貨での電子マネー決済に少しでも経済が移行しておけば、少しでも有利に働くかもしれません。シンガポールと日本を含む他のアジア市場でも、国際事業の拡大に向けて引き続き各国のライセンスを求めていると付け加えました。

【手数料・無料は当然!】本当におすすめの仮想通貨取引所・比較はこちら!

投稿者プロフィール

楊
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
ビットコインFX: