ノルウェー、マイニング騒音被害が相次ぐ。

あまりにも多くの騒音が出ていると苦情です。

非難されているノルウェーに拠点を置くマイニングセンターは、規制上の問題のために操業を中断を余儀なくされそうです。

いくつかの都市に施設を運営するKryptovault(クリプトヴォー)社は、適切な許可がないため閉鎖される可能性があることについてコメントを残しているようです。

参考元:https://www.coindesk.com/norwegian-crypto-mining-farm-might-have-to-suspend-operations/

地元当局者は、施設が「違法に操業している」と述べているとまでは語っていないようですが、地方政府はKryptovault社のマイニング事業に携わる技術者や就業者は少なくとも一時的に働けなくなる可能性について言及をしました。

CEOのStig Myrseth氏は、同社が不足している許可証を申請しており、古い製紙工場を最初に引き継いだときに適切な許可を得ているとコメントしています。

この施設では、9,500台のコンピュータを稼働させるには40メガワットの電力を消費し、施設の冷却用に使用されていた冷却ファンが大きな騒音レベルに達しているため、ここ数カ月間にわたり、近所の住民から苦情を立て続けに受けていたようです。

騒音レベルは会社に対してクレームが火種となり、地元NEWSでは大々的に取り上げられてしまった模様です。

脅迫状も届いているようで「マイニング工場を拡大して国に騒音を吹き込むと、あなたは平和を破壊するだろう」と爆発物を送ることを脅かしている」と述べています。

Kryptovault社は、それが生産する騒音公害を減らすための設備投資を模索していると地方自治体に伝達をした模様です。

仮想通貨・ビットコインニュース まとめ

ビットコインFX: