タイの中央銀行はデジタル通貨開発に着手

楊

 
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
楊

タイ銀行(BoT)は、2019年3月までに中央銀行の仮想通貨(CBDC)のコンセプト実証裁判の第1段階を完了する予定であるようです。

タイの中央銀行は、企業中心のコンソーシアムのスタートアップR3によって開発された分散型元帳技術(DLT)プラットフォームであるCordaに基づくCBDCを作成するため、同国の8つの金融機関と提携を済ませている模様です。

この取り組みの最終目標は、デジタル通貨を使って銀行間取引を円滑化し、「タイの金融市場インフラの効率を高める」ことであると述べています。

BoTは、バンコク銀行公社、クルン・タイ、サイアム・コマーシャル銀行、スタンダード・チャータード銀行(タイ)、HSBCなど、技術パートナーおよびその他の参加機関としてR3を締結しました。

「Inthanon Phase 1のプロジェクトは2019年の第1四半期に完了すると予想されており、その後、BoTはそれに応じたプロジェクト概要を公表する」と同銀行は発表した。

第1段階の調査結果と成果を踏まえて、プロジェクト参加者は、第三者の資金移転や国境を越えた資金移転などの広範な機能のプロトタイプの能力をさらに発展させることを目指しています。

中央銀行の総裁は、6月のスピーチでプロジェクトの初期コンセプトを最初に明らかにしました。その目的は、より大きな規模で正式に立ち上げることができる前に、銀行間取引を促進するブロックチェーンの可能性を探ることです。

BoTは、Inthanon Projectの立ち上げに伴い、香港金融監督​​局やカナダ銀行を含む銀行間取引や国境を越えた取引を促進するDLTシステムの試行を開始するために、成長を続ける中央銀行グループに加わりました。

BoTはまた、リリースでは現在、国債販売の効率を高めるために設計された別のDLT実証実証を実施中であるとこう述べたようです。

「国家がブロックチェーン技術を活用した仮想通貨を発行することが重要になってきています。ブロックチェーン技術を使うことにより、コスト削減だけでなく、税収面でも期待が高まっています。」

⇛仮想通貨まとめニュース一覧へ