メットライフ生命シンガポールでのブロックチェーン使用の保険開発

メットライフ生命のアジア支店に所属するグループ会社LumenLab(ルメンラブ)は、妊娠中の糖尿病のリスクのある妊婦に財政的保護の提供するために、ブロックチェーンを使用した保険商品の試験を完了させました。

2018年8月に発表された報道によると、「Vitana」と呼ばれるこの製品は、顧客の電子カルテをモバイルデバイスに接続し、ブロックチェーンのプラットフォームを使用してわずか数分で保険証券(ポリシー)を発行できるようです。
出所参考元 https://www.coindesk.com/metlife-asia-affiliate-trials-blockchain-insurance-product/

また顧客が後からの保険請求する必要もなく、顧客が診断を受け取った場合に自動的に支払いを行える仕組みです。非常に画期的であります。

シンガポールでは全妊婦の5人に1人が妊娠糖尿病のリスクを抱えています。女性が妊娠中に抱えるであろうトラブルにおいて、妊娠糖尿病はかなりリスクも高い疾病です。母体への影響、胎児への影響はあり、なかなか自覚症状もないために気づきにくい疾病で、検査等で初めて判明するケースも多い疾患です。

メットライフ生命のアジアにおけるチーフ・イノベーション・オフィサー、LumenLab(ルメンラブ)のCEO:Zia Zaman(ザーマン氏)は、今回のリリースで次のように述べています。

“今日の世界では、人々はよりシンプルで自動化されたデジタルであることを期待しています。

ブロックチェーンが保険をより透明性のあるシステムを開発、テストをする方法と機会を見出し、フィールドで最高の企業の一部と提携して、将来への新しい第一歩の保険絵である」と述べています。

VitanaのHPでは、スマホでの保険請求の方法が動画で紹介されており、特にこの製品は、シンガポール金融通貨局(MAS)の規制サンドボックスで開発され、イニシアチブの「重要な革新」の1つとしてMASの年次報告書で強調されました。

ビタナは現在6ヶ月間の実験の下にあり、シンガポールに拠点を置く患者に公開される予定です。

日本でもいち早くブロックチェーンを利用した高いシステムの保険が開発されることを望みます。

【手数料・無料は当然!】本当におすすめの仮想通貨取引所・比較はこちら!

投稿者プロフィール

楊
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
ビットコインFX: