カリフォルニア州、近い将来仮想通貨を政治的寄付金と認める方向で検討

 

間もなく、カリフォルニア州の選挙の候補者は、

寄付として仮想通貨を受け入れることができるかもしれません。

カリフォルニア公正政治慣習委員会は、公職の候補者がキャンペーン寄付の一環のうち、仮想通貨を受け入れることができるかどうかを含めて、選挙ルールの議論が先日ありました。
参考引用元:https://www.coindesk.com/california-is-open-to-allowing-crypto-political-donations/

その会見内容には、最終的に、審議委員は、聴聞会で提案された改正案のいずれかを採用する決断を下さず、問題を完全に理解していないことを認めました。

2014年には、連邦選挙管理委員会は、連邦選挙法により、ビッグコインのような仮想通貨を同種の寄付として受け入れることができるとの判決を下しています。

この公聴会でAlice Germond議長が「暗号通貨とは何か」の定義が必要であることを示し、次のように述べています。

「ビットコインは米国のお金ではなく、ユーロのような他国通貨に似ていると思う傾向があるが、これについて私の考えをさらに深めてみたい」と。

非公式の政治擁護団体であるカリフォルニアのニコラス・ハイドンとその法務部長のパブリックコメントにて、委員がさらに問題を研究するまで、仮想通貨の寄付を可能にすることについて言及がありました。

またアリゾナ州のヘイワード委員長は、仮想通貨を禁止するの意向を否定し、決定を下すためにもう少し情報を収集したいと発言しております。

ヘイワード氏によると、「仮想通貨は明らかに新しく、秘密主義に設計されていると思うが、最終的には活動を追跡する上で非常に頑強なツールと思われるブロックチェーン技術になっている。」とも付け加えました。

ブライアン・ハッチとフランク・カルデナス両委員は、完全に禁止にすることについては反対しているが、ハッチの場合、詐欺の問題は依然として重要な問題であると述べた。彼は、実際にはそれが実際に異なる起点を持っていたとき、国家から来た暗号基金を主張する候補者の見通しを提起しました。

仮想通貨・ビットコインおすすめ取引所ランキング(初心者OK!)

投稿者プロフィール

楊
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
ビットコインFX: