アメリカ上院、ブロックチェーンのエネルギー技術を調査

米上院は来週、ブロックチェーン技術を今一度見直す予定だ。

エネルギーと天然資源に関する委員会は、ブロックチェーン技術が電力価格にどのような影響を与え、どのような利益をもたらすかをよりよく理解するため、8月21日に「ブロックチェーンと類似技術のエネルギー効率」に関する公聴会を開催すると発表しました。
出所引用元:https://www.coindesk.com/us-senate-to-examine-energy-efficiency-of-blockchain/

「この公聴会の目的は、ブロックチェーンや類似の技術のエネルギー効率と関連性、そのような技術とサイバーセキュリティの可能性について、エネルギー産業の用途に併せて配慮することです」とのことです。

具体的には、「ブロックチェーンアプリケーションにおける電力需要の増加から電気価格が上昇する懸念点」という質問もあるようです。

またブロックチェーンや類似技術が、すぐにエネルギー供給コンピュータシステムのオンラインセキュリティを改善するかどうかを評価することを目的としています。

このイベントは担当委員全員が対象となりっており、23人のメンバー全員が出席する予定です。

上院の聴聞会が、ブロックチェーンの潜在的役割に重点を置いており、エネルギー産業に影響を与えることは初めてです。しかし、過去のヒアリングでは、初期の使用方法、活用方法など、多くを議論することがあり、その度に未来への希望が持てると報道さされておりました。今回も健全な議論がなされることでしょう。

その他の仮想通貨ニュース一覧

投稿者プロフィール

楊
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
ビットコインFX: