宣伝文句、取引手数料『無料』に騙されるな!
【仮想通貨取引所・コスト徹底比較!】

 

(※クリックで原寸表示・スマホなら端末を真横にしてください。)

 

基本情報として、仮想通貨の販売価格は取引所<販売所で、販売所のほうが価格が高いです。

それを踏まえた上で、現物を買う場合は手数料の有無と価格比較を行う必要があります。

また、レバレッジ取引・ビットコインFX取引は取引所ごとの「スプレッド(買値と売値の差)」と「レバレッジ」、日をまたいでポジションを保有した場合の「スワップ」を把握しておく必要があります。

 

それでは、もう少し詳細に各取引所の特徴を見ていきましょう!

 

■BitPoint

<現物取り扱い銘柄>

BTC/JPY・BTC/USD・BTC/EUR・BTC/HKD・BCH/JPY・ETH/JPY・LTC/JPY・XRP/JPY

<レバレッジ取引取り扱い銘柄>

BTC/JPY

<ビットコインFX取り扱い銘柄>

BTC/JPY・BTC/USD・BTC/EUR・BTC/HKD

アルトコインの現物取引がスプレッドが狭くて有名。初心者には使いやすいスマホアプリもあり。

レバレッジ取引では、最大25倍で国内最高レベル。新規建玉時にも0.035%の手数料は国内業者2番めの安さです。(2018年8月の調べ。)

MT4も導入しており、高度なテクニカル分析をするには最適な取引所の一つ。非常にバランスの取れた取引所になります。

初心者が仮想通貨取引を初めるならまずはBitpointから!!

 

 

■QUOINEX

<現物取り扱い銘柄>

BTC、ETH、BCH、QASH、XRP

円建て、ドル建てなど複数通貨に対応している

<レバレッジ取引取り扱い銘柄>

BTC/JPY・ BTC/USD・ BTC/EUR・ BTC/AUD・ BTC/SGD・ BTC/HKD・ BTC/CNY ・BTC/IDR
BTC/PHP

ETH/JPY ・ETH/BTC

現物はクロス円であれば手数料が無料。(ETHのみ0.1%)
最も注目すべきポイントは、レバレッジ取引の手数料は0.025%と国内最安の取引所となりました!(2018年8月23日から0.05⇛0.025%に!))さらに新規建て玉は翌日に持越してから発生ですので、その日のうちに決済を実行する、デイトレには最も向いている業者の一つになります。BTCJPYやETHJPYのスプレッドも狭いのも特徴です!大口ユーザーには最もおすすめしたい取引所の一つ。個人的にはbitFlyerのBitcoinFXの取引高を超えることができるのではないかと考え始めてます。
【参考記事】 ⇛ Quoinex取引所はスプレッドが狭い!?

 

■DMM Bitcoin

<現物取り扱い銘柄>

BTC/JPY ・ETH/JPY・ETH/BTC

<レバレッジ取引取り扱い銘柄>

BTC/JPY・ETH/JPY・XEM/JPY・XRP/JPY・LTC/JPY・ETC/JPY・BCH/JPY

ETH/BTC・LTC/BTC・BCH/BTC・XEM/BTC・XRP/BTC

国内で仮想通貨FXでの通貨ペアが最も豊富なDMM Bitcoin レバレッジは一律5倍固定

■GMOコイン

<現物取り扱い銘柄>

BTC/JPY・ETH/JPY・BCH/JPY・LTC/JPY・XRP/JPY

<レバレッジ取引取り扱い銘柄>

BTC/JPY・ETH/JPY・BCH/JPY・LTC/JPY・XRP/JPY

アルトコインのスプレッドが3%前後と仮想通貨FXで最もおすすめの取引所です。アルトコインのレバレッジは5倍となっております。BTCJPYのみだけレバレッジ10倍にまで変更が可能です。

 

■Bitbank.cc

<現物取り扱い銘柄>

BTC/JPY・XRP/JPY・LTC/BTC・ETH/BTC・MONA/JPY・MONA/BTC・BCC/JPY・BCC/BTC

期間限定で全銘柄取引手数料が無料(2018/9末まで)!

リップルの取引高が月間ベースで世界TOPクラスの取引所になっていることが多い、Bitbank.ccです。リップラーには最もおすすめの取引所になります。

 

■bitbank Trade

<ビットコインFX取り扱い銘柄>

BTCUSD

BTCに特化したレバレッジ20倍のビットコインFX。決済時利益に対してのみ0.2%のキャピタルゲインフィーがかかる。

■Bittrade

<現物取り扱い銘柄>

BTC / JPY・XRP / JPY・LTC / BTC・ETH / BTC・MONA / JPY・MONA / BTC・BCC / JPY・BCC / BTC

レバレッジ取引なし、メイカー:0.2~0.3%、テイカー:0.2~0.7%と取引手数料は高め。

スマホアプリがリリースされて、非常に使いやすくて評判が良い取引所になります。インストールすることを超おすすめです。

 

■Zaif

<現物取り扱い銘柄>

BTC/JPY・XEM/JPY・XEM/BTC・MONA・JPY・MONA/BTC・BCH/JPY・BCH/BTC・ETH/JPY・ETH/BTC

<信用取引>

BTC/JPY・MONA/JPY

レバ7.7倍まで

<ビットコインFX>

BTC/JPY

レバ25倍まで

ビットコインFXであるAirFXは2時間ごとにスワップがつく特殊な計算がある

■bitFlyer

<現物取り扱い銘柄>

BTC・ETH・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK

取引料によって、手数料が変わる。0.15%から金額が上がるにつれて下がっていく。

<ビットコインFX取り扱い銘柄>

BTC/JPY

レバレッジは15倍まで。現在は新規登録を停止中だが、既存会員は取引可能

⇛現在、業務改善命令により、新規口座開設受付停止中

 

■CoinCheck

<現物取り扱い銘柄>

BTC ・ETH・ ETC・ LSK・ FCT・ XRP・ XEM ・LTC ・BCH

<信用取引>

レバ5倍、現在は取引停止中

現在は新規登録を停止中だが、既存会員は現物のみ取引可能

⇛現在、業務改善命令により、新規口座開設受付停止中

 

見えないコストはスプレッドやレバレッジコスト

(※クリックで原寸表示・スマホなら端末を真横にしてください。)

いかがでしたでしょうか?

基本、取引手数料はどこの取引所もほとんど「無料」なのですが、レバレッジポジションを持った場合、手数料がかかっていたり、スプレッドが広い販売所形式だったり、企業が運営していく上で「無料」なわけはありません。

もちろん、会社を経営していく上で収益モデルは必要ですが、各社細かいところでコストが発生していることがわかります。

今回は単なる「手数料や取引コスト」という面で簡単に比較をしてみました。

ぜひ、早見表としてご活用頂ければ幸いです。

特にレバレッジ取引するのであれば、BTC/JPYがメインになると思うのでスプレッドの狭さや注文のしやすさなども、実際に使ってみてから選ぶとよいでしょう。

レバレッジ最大25倍のBitPointやQUOINEXがよく証拠金維持率を低めに抑えることができますので、最も安全だと言えるでしょう。数時間でトレードが終了するような短期売買であればQuoinexのレバレッジ取引が最も適していそうです。

ロールオーバーさえしなければ、何度やってもレバレッジ手数料はかかりません。スプレッドも非常に狭く板も厚めということで大口ユーザーには喜ばれる1社の一つだと思います。

【参考記事】 ⇛ Quoinex取引所はスプレッドが狭い!?

また逆にZaifなどは利益が出たときに徴収される利益手数料があるのでこういった面にも注意をしてください。

以上、最新取引手数料・コスト比較でした!

↓↓下記もぜひご参考くださいね!↓↓

仮想通貨・ビットコインおすすめ取引所ランキング(初心者OK!)

初心者でもわかりやすい比較表付き!仮想通貨FX・レバレッジおすすめ取引所

投稿者プロフィール

ひろぴー
ひろぴー
ラジオ日経パーソナリティ兼FX・BTCコラムニスト(週5本・・・。)
FXトレードで毎日ゆったりまったり勝負中!最近はどっぷりBTCトレードにハマっております。過去にXRP70万枚のハッキング経験あり^p^

略歴・経歴はこちらのページへ
https://bitcoin-fx.jp/?page_id=33
ビットコインFX: