ゼロからの仮想通貨の始め方 これから仮想通貨を始めたい方 必読!

もくじ

ここから始めよう仮想通貨

ここでは初心者というより、「これから仮想通貨を始めたい」という方を対象に超初心者の私(一年前)おやじっちの視点でご案内します。

日本で一番最初に立ち上げた当仮想通貨ブログ「ビットコインFX」では、初心者というか最初は誰でも初心者なので、初心者向けの記事を多く掲載しています。

特に仮想通貨では一般的でない言葉や新たな外来語(日本語にできない)が多く出てきます。
更に株取引やFX取引の用語も飛び交っています。用語解説ページも用意してありますのでご利用ください。

ブログ名は「ビットコインFX」ですがビギナー向けに現物取引も対象にしていますのでご安心を。もちろんFX初心者の方、さらにFXトレーダーで今後仮想通貨も始めようという方も対象にしています。

FXトレーダーの方は「ひろぴーの読むFX」や「FXマウンテンブログ」でも仮想通貨に関する情報を掲載していますのでこちらもよろしくお願いします。

この記事に於いて、当ブログでは説明や使い方など既に詳しく解説していますので、その部分はブログ内リンクを貼って置きますので、更に理解を深めることができると思います。各々、分かる部分から少しずつ読み解いていってくださいね!

 

0.仮想通貨とは

仮想通貨という呼び方は日本だけの表現です。英語では暗号通貨(crypto currency)あるいは電子資産と呼ばれています。インターネット上に作られた通貨なので実態がないように見えるので日本では仮想通貨と呼ばれるようになったのではないでしょうか?

海外で「Virtual currency」と言ったらゲーム内でのおもちゃの通貨と思われるかもしれません。世界共通語は「暗号通貨(crypto currency)」です。

しかし、日本では一般的になったので、ここでは「仮想通貨」と表現します。

仮想通貨の特徴はネット上に存在する電子資産なので一般の人には実態がよくわかりません。

通貨と言っていますが物理的な形もなく、円やドルのように貨幣価値を保証する法定通貨とは異なります。しかし、仮想通貨を対円やドルと取引することにより(相場)その仮想通貨の価値が決まります。

仮想通貨の代名詞とも言えるビットコインは昨年(2017年)から急激に売れ始め(2017年4月頃では12万円)一時は200万円という高値を付け一躍話題になりました。

その後は100万以下に下落し再び100万を超え、現在は暴落と言っていいほど下落し70万前後を推移しています。
(↓↓↓ビットコインチャート参照:CoinMarketCapより

この様に従来の金融相場や株取引ではあり得ない大きな動きがあるので危険な通貨としてレッテルを貼られてしまいました。諸外国では仮想通貨を禁止にしたり規制がどんどん厳しくなったり、その反面、最近では仮想通貨を慎重に見直す国も多くなりました。

韓国 仮想通貨規制緩和方面へ舵を切る
https://bitcoin-fx.jp/?p=6030

 

台湾:仮想通貨に対する規制方針に寛容的。日本に習え
https://bitcoin-fx.jp/?p=5044

 

EUは仮想通貨が中央銀行とは距離を置く認識
https://bitcoin-fx.jp/?p=7143

 

なぜならば仮想通貨に付随する経済効果や仮想通貨が持っているブロックチェーンと呼ばれる画期的な技術が注目されているからです。
仮想通貨を管理するそのブロックチェーン技術も改良されより安全で信頼性をもつシステムとして可能性が認められつつあります。

現在では仮想通貨の種類は全世界で1600種を超えています。そのうち日本国内の取引所で購入できる通貨は10種類程度です。

コインチェックの仮想通貨NEM流出事件以来、金融庁が仮想通貨取引所を厳しく監視するようになり匿名性の高い仮想通貨は取引を休止させられたり、取扱通貨に対しても厳しく監視されています。

さらに、仮想通貨に対するハッキングは銀行オンラインだけではなく、同様に仮想通貨でも狙われる可能性大です! マネーロンダリングもしやすく日本国内の仮想通貨取引所では銀行オンラインより厳しく管理されています。

ですので、日本の取引所で売買する限り、怪しい仮想通貨ではないということも予めお知らせ致します。

仮想通貨のしくみ・構造など詳しくはこちら
https://bitcoin-fx.jp/?page_id=2

自己防衛も大切なので、以下をご覧になり参考としてください。

仮想通貨を取引する方へ とっても大事なお話 狙うハッカーやウイルスに注意喚起!!
https://bitcoin-fx.jp/?p=3679

 

<緊急!!注意喚起> 遂に、コインチェックにハッキング被害!
https://bitcoin-fx.jp/?p=3706

 

ビットコイン知ったかぶり10ワード(←これだけ知っていれば仮想通貨エキスパート(笑!))
https://bitcoin-fx.jp/?p=172

 

 

1.ビットコインやアルトコインなど種類がたくさんある!

前述の通り、仮想通貨は現在2000種類を超えています。どうでもよいトークンを含めればその数は10万個は超えているでしょう。

実際には未上場のコインもありさらに多くの仮想コインが存在しています。

以下の表は取引所に上場されている仮想通貨時価総額順の上位です。


(CoinMarketCapより)

仮想通貨といえばビットコインというくらいビットコインはとても有名になりました。

実際に仮想通貨の基軸通貨にもなっています。

そのため、法定通貨から見るとビットコインが下がると他の仮想通貨も同じ様に下がっていきます。

ビットコインに対してその他の仮想通貨をアルトコインと表現することがよくあります。一般的にビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼んでいます。

アルトコインの代表的なものは(日本では)イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコイン・キャッシュ、ネム、リスク、モナーコインなど国内取引所で買うことが出来ます。

イーサリアム(ETH)とは

Monero (XMR)とは 特徴紹介(アルトコインシリーズ)

仮想通貨の異端児「Ripple リップル」とは(アルトコインシリーズ)

ビットコインキャッシュ(BCH,BCC)とは

「近未来の銀行」ネム(XEM)

【欧州発・最大の仮想通貨】LISK(リスク)とは

モナーコイン(MonaCoin)とは

 

特にモナーコインは国産仮想通貨として有名です。また、日本の仮想通貨としてQASH(キャッシュ)やCOBAN REXX(コバン・レックス)などがありますがc0banはまだ未上場なので世界的にはあまり知られていません。

国際的な取引所に上場すれば大きく値が上がる可能性があります。

詳しくは以下リンクを参照ください。

 

ICOトークン、QASHとは。近未来系金融ネットワークシステムがこれだ!
https://bitcoin-fx.jp/?p=2779

 

「0.仮想通貨とは」で述べた通り、アルトコインの中では匿名性の高い仮想通貨は複雑な暗号により取引や個人データーが隠匿される為、マネーロンダリングしやすくなりテロ集団に資金が流れ込む恐れがあるので、日本では厳しく制限されるようになりました。

 

匿名性の高い仮想通貨(以前コインチェックで売買できましたが、現在国内取引所では扱いがありません)

Monero (XMR)とは 特徴紹介(アルトコインシリーズ)
https://bitcoin-fx.jp/?p=2330

DASHダッシュとは?(アルトコインシリーズ)
https://bitcoin-fx.jp/?p=2748

Augur(オーガー)とは
https://bitcoin-fx.jp/?p=1094

ZCASH(ジーキャッシュ)とは
https://bitcoin-fx.jp/?p=1098

 

その他アルトコインに関して
https://bitcoin-fx.jp/?paged=2&cat=79

 

ビットコイン・アルトコイン現在のチャートは↓↓↓こちら

仮想通貨円建てチャート 主軸コインから草コインまで23通貨ペア!

 

2.仮想通貨を買うなら、まず取引所の口座開設をしよう!

この様に、仮想通貨を手に入れるには(売買を含む)これらの仮想通貨取引所から購入したり売ったりすることになりますので、取引所に口座開設する必要があります。

取引所によって価格やサービスも違います。安く買って高く売れればそれだけ利益が増えます、なので取引所は最低3箇所くらい開設しておく事をおすすめします。

オンラインの銀行口座を開設する手続きとほぼ同様です。

銀行口座でオンライン契約をしていない方は同時に契約するか、オンライン専用の銀行(住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行)なども同時に開設しておくと便利です。

住信SBIネット銀行口座開設は特におすすめです。ネットからクイック入金ができることが多いので今後はこの金融機関を使うことをおすすめします。僕も個人では大変お世話になっているネット銀行の一つです。

また、仮想通貨の取引はすべてオンライン(インターネット上での取引)ですのでパソコンやスマートフォンを持っていない方は取引が出来ません。

これらの不都合を逆手に取って、ネット環境のない高齢者などを相手に仮想通貨の売買を持ちかける団体・個人も実在するので、信用できるかどうかは、ご自身の判断になります。
また、仮想通貨を購入するために保証金や会費などは一切必要ありません。

ビットコイン・アルトコインおすすめの仮想通貨取引所はこちらを参考にしてください。
https://bitcoin-fx.jp/?page_id=27

 

3.口座開設前に準備しておくもの

パソコンがあればおすすめの取引所内のリンクをクリックすれば数分で口座開設は完了します。

キーボードからのタイピングが得意でない方はあらかじめメモ帳アプリ等に住所、住所のフリガナ、氏名、フリガナ、携帯番号(SMSで本人認証するため)、メールアドレス(重要:確実に受信できるメールアドレス「ドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアメールは避けたほうがよい」)を打ち込んでおいて、保存してください。

口座開設の記入時にコピー&ペーストすれば作業も早いです。ただし、メールアドレスなど重要な項目は確認のため2度入力させますので、この場合ペーストは拒否されることが多いので2回目の入力時はキーボードから直接入力してください。

また、住所については免許証などに記載されている通りに入力すべきです。番地やマンション名など省略してしまうと本人確認書類と違うため承認が下りません。

また、口座開設は基本無料なので3箇所ぐらい開設しておくと良いかと思います。
なぜなら、同じ仮想通貨でも取引所によって売値も買値も異なります、条件の良い所で売買しましょう。
また、取引できるアルトコインの種類も違います。稀ですが取引所がなにかのトラブルで売買が出来ない時もあります。

これは取引が集中してサーバーがパンク状態になる場合に発生する可能性があります。
集中するということは値が急激に動く事なので買いたい時に買えないという状況も想定しておいてください。

 

次に重要な作業は本人認証の為の証明が必要になります。

一番確実なのは運転免許証です。これはスマホ写真(写メ)で可能ですからピントがボケていなければOKです。

表はもちろん、裏面も必要です。運転免許を持っていない方はパスポートでも可能です。パスポートもない方は取引所によって準備する資料が若干違いますのでそれぞれの取引所の指示に従ってください。

さて、以下のファイルをパソコンにコピー(デスクトップに)して準備完了です。

・住所、氏名などの個人情報(住所は省略せずに本人確認書類と同じ記述にしておく

・運転免許証の表の写メ



(Coincheck取引所より引用)

 

・運転免許証の裏の写メ


(Coincheck取引所より引用)

 

・セルフィー
取引所によっては更に確実性を証明させるために免許証と一緒に写った自撮りを要求する所もあります。
自分の顔より前に差し出し免許証の方に焦点を当てるのがコツです。

(zaif取引所より引用)

 

運転免許もパスポートもない方はこちら↓↓↓を参考に

ビットコイン口座開設 準備しておくとスムーズに手続きが済む方法(本人確認編)

 

 

4.口座開設のやりかた

実際の口座開設は取引所によって微妙に違いますので、以下リンクを置いて置きますのでお好きな取引所で新規登録してみてください。

どの取引所も同じ様な方法ですので、まづはひとつチャレンジしてみてください。

BITPonitで口座開設を!

初心者でも簡単にXRPを購入!GMOコインが初心者には最もおすすめ!

Liquidで口座開設&スマホから取引してみよう!(国内で最も取引量が多い!)

 

また、仮想通貨FXを希望の方はこちらの仮想通貨レバレッジ取引も参考にしてください。

FX主体の方はこちらも↓↓↓おすすめです。

仮想通貨FXがレバレッジ10倍に変更!『GMOコイン』 概要と口座開設方法

 

口座開設は一日または数日で完了できます。実際には本人確認書類をホームページ上で送りその後の処理になります。

そして最後に住所確認のため簡易書留で確認書類(またはハガキ)が届きます。郵便屋さんから直接受け取った日から、あるいは翌日から取引所での売買ができるようになります。

 

5.クイック入金があると便利!住信SBIネット銀行のすすめ

簡易書留の確認郵便が届いたら、仮想通貨を買うために日本円を取引所に入金します。

入金方法は銀行振込、クイックペイ、コンビニ振込など方法がいくつかありますが最近は取引所と銀行が提携してクイック入金という方法があります。

通常銀行振込は土日、祭日は送金できません。最悪の場合金曜日の6時以降に振り込んだのに月曜日が祭日で取引所に入金された時は火曜日の午前中になってしまいます。3日もブランクが有ると仮想通貨の値はどんどん変化します。

金曜日に安かったビットコインを買う予定でも火曜の朝では値が随分上がったり逆に下がっていればラッキーかも知れませんが、こういう時相場はなぜか損する方に動くんですよね(笑

取引所によって違いますが、クイック入金に対応している銀行はネット系の住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行などです。
取引所の登録方法とほぼ同じなのでこの際ネット銀行も開設しておく事をおすすめします。

また、最近はペイジーによる入金に対応している取引所も増えているので、ペイジーに対応した銀行口座を持っていればクイック入金が可能です。

まずはこのネット銀行を開設しておこう!→仮想通貨取引所との相性は抜群! 住信SBIネット銀行

 

6.セキュリティ・二段階認証

ネットバンクを利用している人は聞いたことがあると思いますが、通常はログイン、パスワードで取引ページに入りますが実際にお金を振り込む場合更にパスワードを入力したりワンタイムパスワードを入力したり色々と面倒な作業が必要ですね。

実は仮想通貨取引所も同様で売り買い、送金、それぞれでワンタイムパスワード(一度しか使えないパスワード)を要求してきます。その設定をしなければなりません。

■二段階認証は必ず設定すること!

取引所によってはオプション項目になっていますが必ず設定してください。

万が一ハッキングに遭い損害を受けた場合、セキュリティ設定をしていなければ本人の落ち度となるため保証が受けられません。

ご存知の方も多いと思いますが取引所のコインチェック社がハッキングに遭った時、NEM(ネム)コインの2段階のセキュリティがあるにも関わらず使用していなかった為、発行しているNEM(ネム)コイン財団は救済措置を取らないと発表しました。

ネット社会は目に見えないため危険に晒されているという感覚があまりありません。

例えていうと、あなたの家に金庫がありその中に100万円置いてあるとします。もしパスワードが設定していなければ家の鍵が開いているのと同じです。
また、2段階認証がなければ家の中にある金庫に鍵が掛かっていないのと同じです。ひょっとしたら扉が開いているかも知れません。

ネットは社会は世界中の国と繋がっていますので考えの違う人が周りに多く存在します。

当然お金が目に見えるところに置いてあれば貰えるものだと思い黙って持って行ってしまいます。

このようなことがないように2重にも3重にも鍵を掛けて置くのです。

二段階認証の設定については、口座開設方法の中でも説明していますので必ず設定してください。

【超重要!】→口座開設と二段階認証の方法

取引所により方法が違いますが設定作業が必要でないメール、またはSMS(ショートメッセージ)による認証とスマホアプリを使った認証の2種類があります。

メール認証を使っている取引所は特にバックアップ作業は必要ありませんがメールアドレスが変更になったり無くなったりするとパスコードを受け取れなくなりますのでキャリアメール(携帯会社のメール)などは避けるべきと思います。

スマホの認証アプリを使用する場合は必ずバックアップ作業をしてください。

ただし、設定中にバックアップという作業をしないと後からではセキュリティー上バックアップ作業が出来ない仕様になっています。

ここに紹介する日本の取引所では残念ながらそのバックアップ作業を登録時にさせる機能が省いてあります。

ただ、バックアップと言っても面倒なことではありません。二段階認証設定時に画面に表示されたQRコードを保存するだけですから。

 

■二段階認証の落とし穴にご注意!

その代り、二段階認証アプリが壊れたり、機種変更した場合面倒な手続きを経て一旦二段階認証を解除することが出来ますが、その面倒な手続きには時間も掛かりますので僅かな手間でバックアップが出来るのでその詳細を紹介したリンクをいかに置いておきますので参考にしてください。

二段階認証での失敗談(↓↓↓おやじっちの実話
https://bitcoin-fx.jp/?p=6110

 

7.仮想通貨を取引所で買ってみる

仮想通貨を買う方法は大きく分けて3通りの方法があります。

販売所で買う方法、取引所で買う方法、FXで買う方法です。取引所では更にオプションで売買の仕方を決めることもできます。それぞれ販売所に特徴があるので当ブログを参考にして選んでみてください。

・まずは買ってみるという方は販売所で

 

ビットポイント(bitpoint Light)

BITPointで仮想通貨スマホトレード!ビットコインを購入してみよう!

 

・指値で売買、初心者もトレーダー気分

BITPoint WEB版での説明です。

 上部タブの「仮想通貨取引」をクリックすると以下のような画面がでます。

 指値で売り買いする場合は「シングル」をクリック、すると指値の欄が現れます。

 コイン数量を入力します(この画面では買いのモードになっています)

 買いたい金額(日本円)で指値を入力します。
赤まるで囲った部分の板情報を見てどの辺りなら売れそうか考えながら指値を決めてください。

後は注文ボタンを押し約定されるのは待つのみです。

簡単でしょ!しかし、自分の思った金額で売り買いが成立するのは、それほど簡単ではないようです(笑

 

 

・仮想通貨FXでハイリスク・ハイリターンで夢を掴む?!

仮想通貨FX・GMOコイン 超便利!スマホアプリ使い方!
https://bitcoin-fx.jp/?p=3855

 

FX経験者の方はこちら↓↓↓も参考にしてください。(ひろぴーの読むFXに遷移します)
FX経験者向け・本当におすすめ仮想通貨FX取引所

 

8.おすすめスマホウォレットの紹介

仮想通貨にはウォレットという機能があります。その名の通り財布です。

通常仮想通貨取引所に自分の購入した仮想通貨は自分専用に用意されたウォレット(口座)に保持されます。

しかし、この保持されたデータはホットウォレットと呼ばれ自分の手元にはありません。仮想通貨は現物はないと最初にいいましたが、仮想通貨のデータがどこにあるのかということです。

取引所に置いてあるデータは取引所がハッキングに遭って盗まれたりすると戻ってこないと思ってください。

皆さんの記憶に新しいと思いますがコインチェックのNEM流出事件です。

ビットフライヤーなどはあらかじめ保険に入っておりユーザーの資産を保証するというシステムがあるので若干安心かも知れません、

もし、海外取引所で購入したものは直ぐに自分の管理しているウォレットに移すべきだと思います。

資産を分散して万が一の時に最小限の損失で抑えるくらいな気持ち(リスク回避)が必要です。

 

また、公式ウォレットは各仮想通貨の公式ページ内にリンクがあります。それぞれアプリをダウンロードし使われると良いかと思います。

これらの中には、マイニング機能を持っているウォレットもあります。

過去に紹介した記事は以下の通りです。(更新されていないので最新版と異なる場合があります

仮想通貨の将来を見た!  「近未来の銀行」ネム(nem)

DASHダッシュとは?(アルトコインシリーズ)

Monero (XMR)とは 特徴紹介  (アルトコインシリーズ)

 

汎用ウォレットアプリ「Ginco」

サードパーティーが作る仮想通貨ウォレットもあります。
スマホで持ち歩く仮想通貨の財布です。

将来的にはこのような「電子財布」が主流になるのでしょうね(たぶん)

詳しくはこちら↓↓↓
https://bitcoin-fx.jp/?p=7175

まだ、正式リリースしていませんがAirDrop機能を持ったウォレットアプリも登場してきました。

国産仮想通貨c0banからハードフォークされたcobanRexxです。

詳細記事はこちら
https://bitcoin-fx.jp/?page_id=7732

 

9.仮想通貨情報をゲットせよ!

最後に、重要なファクターとして、やはり情報です。

多くの仮想通貨ではTwitterFacebookで情報発信しております。もちろん専用ブログを開設している仮想通貨も多いようです。

また、最近では仮想通貨でICOを目指したSNS「Telegram」も仮想通貨業界では多く使われています。

基本的な検索として、キーワードとなる文字列で検索すれば直ぐに公式アカウントが見つかると思います。
たとえば「ビットコイン、btc、イーサリアム、ひろぴー、dash、coincheck、quoine、bittrex、nem、ripple、lisk」などなど、気になるワードで検索してみてください。

どんどんフォローして最新情報を得て仮想通貨の上昇トレンドを見つけてください。
もちろんこれらの情報にはフェイク情報もあります。しかし、仮想通貨や株などでのこれらのフェイクは上がり下がりの原因にもなりますので必ずしも正しい情報だけで判断する事は大事ですが、価格の上がり下がりに簡単に影響しますので上手く売買を進めていってくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ずいぶんと長くなりましたが最後の方はなんだか尻窄みになっているような気がしているのですが(笑)、このブログページを起ち上げてから2年以上が経ちました。

まだ3年前はまだビットコインが4万円の頃でしたか(たぶん)当時、仮想通貨は単に怪しい電子マネーだった頃です。(笑

其の翌年から、にわかに活性化され、爆発的に価格が上がったのは昨年(2017年)の事でした。

こうしていち早く仮想通貨に関する情報をひろぴー始め多くの仲間達が当ブログを支えてきました。

仮想通貨をもっと知りたい人の為に、過去記事を掘り起こしながら、ここに紹介してみました。

もちろん、ここで紹介しきれない程の情報がこのブログ内にはたくさん存在しています。

仮想通貨をなんとなく売買してきた方、これから始めようとしている方、もう少し技術的に知りたい方、秘密情報を知りたい方、先ほどの情報収集の一つとしてこの仮想通貨ブログ「ビットコインFX」が皆さんのお役に立てば幸いです。

更に幅広くわかりやすい記事を投稿していく予定です。

今後共よろしくお願いいたします。

【手数料・無料は当然!】本当におすすめの仮想通貨取引所・比較はこちら!

 

ビットコインFX: