米国SEC(証券取引委員会)ビットコインETFをまたも拒絶する。

楊

 
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
楊

暗号コミュニティが密かににFacebookの歴史的な株式損失に対する喜びを表明したように、Bitcoinの価格は8,000ドルを下回って驚くほど低下しました。

ウィンクルボス兄弟が提案したビットコイン為替取引(ETF)が2度も拒否されたというニュースへの反応は、市場へのもう一つの打撃と見なされたようです。

さらに進める前に、ウィンクルボス兄弟によって提案されたビットコインETFは、投資会社VanEckと金融サービス会社SolidXのビットコインETFとは違っています。

これは先週、暗号コミュニティで幅広い議論を引き起こしました。VanEckとSolidXは、6月6日にCoinDeskが報告したように、最初のビットコインベースのETFを開始する許可をSEC(米国証券取引委員会)に申請したと発表しました。

SECは、6月下旬にこの提案に関するコメントを求めました。それ以来、100以上のコメントを受けており、次の月にすぐに決定が出るかもしれないと言われています。

歴史的に最初のビットコインベースのETFの誕生の可能性は、ビットコインが5月後半以来最高水準で取引されていたため、暗号業界における全体的な楽観論を生み出しました。

しかし、木曜日のニュースは間違いなく期待していた人々を失望させました。CoinDeskの報告書によると、SECはビットコインETFを長らく拒絶しています。

なぜなら、この提案は、取引法第6条(b)(5)の要件、特にそのルールが不正行為や不正行為を防止するように設計されているという要件行為と慣行が可能。」っと。

特に、市場操作と監視に関する懸念に対するSECの反発は、2017年3月に最初に却下された際の意見と一致しています。

しかしSECは、この文書で、「時間が経つにつれ、規制されたビットコイン関連市場は今後も成長し、発展する可能性がある」と述べ、潜在的にそのような製品を将来承認する可能性を残しています。

ETFへの期待で値上がりしていたビットコインが急落していますが、次回のSECの発表にはまだまだ注目です。

コロンビア大学 ブロックチェーン研究センターIBMと共同チーム発足

香港、ブロックチェーンの貿易金融プラットフォーム稼働へ。

【BTC初心者向け】マイニングで押さえておく3つの役割(送金記録・新規発行・不正排除)

 

参考・引用元:https://www.coindesk.com/rejection-aside-calls-for-a-bitcoin-etf-are-only-escalating/

ビットコインFX: