coinbase(コインベース)、セキュリティトークンリスト発行へ

米国最大手、コインベースでは、有価証券と見なされる可能性の高いトークンでの取引をサポートすることを最終的どう対応すべきか、検討する必要があると報じました。

いくつかの証券会社を取得するための規制上の承認を受けたと伝えられている。

ブルームバーグ報道によると、証券取引委員会(SEC)と金融業界規制当局(FINRA)の両氏は、最近規制された企業の買収案を承認したと発表した。

先月、coinbaseは、セキュリティトークンの取引や従来の金融資産をトークン化するための規制されたプラットフォームとなる手段として、Keystone Capital Corp.、Venovate Marketplace、Digital Wealth LLCの3社を買収する予定であると発表した。

CoinDeskの報告によると、コインベースの最高執行責任者(COO)であり、Asif Hirji社長は買収により、ブローカー・ディーラー、代替取引システム、登録された投資顧問としてのライセンスを求めていることを示しました。

米国の暗号交換の動きは、米国の金融ウォッチドッグが暗号化プロジェクト、特に初期コイン・オファリング(ICO)を巡って精査を強化しており、現在の法的灰色領域新しい規則で明確にされている。

SECは、現在、何十件ものトークンプロジェクトを調査しており、Jay Clayton会長は最近、公聴会で、彼が見たICOがすべてセキュリティだと信じていると言った。

コインベースゼネラルマネージャーのDan Romeroは、前回のインタビューでCoinDeskに対し、取引所は顧客から一般的に要求される新しいデジタル資産を追加したいと述べたが、米国規制当局が技術の特定の用途をどのように扱うかを検討する間は注意深く思案しなければならない。

彼の発言は下記のようだった。

「どのようなデジタル通貨や資産が商品、通貨、通貨であるかを知ることができれば、非常に有益です」

ちょうど前日、Coinbaseはプラットフォーム上に5つの追加の暗号化通貨の潜在的なリストを調査しており、すぐに資産の価格が高騰したことも確認している。」と。

現在、米国最大のCoinbaseはビットコイン、ビットコイン・キャッシュ、イーサリアム、ライトコインの4つをはじめ、イーサリアム・クラシックが間もなくリリースとなるため、5コインを取り扱っている。

出所参考元:https://www.coindesk.com/coinbase-claims-it-now-has-regulatory-approval-to-list-security-tokens/

投稿者プロフィール

楊
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
ビットコインFX: