Fコイン取引所 自身のトークンを2400万トークンを買い戻し報道も価格下落続く。

 

新しい取引所であるFCoinは、瞬く間にBinanceを超えて、世界1位の取引所になりました。

そのF coinが新しい資金基金の資金を提供するために何百万という独自のトークンを買収する計画を明らかにしています。

この交換は、先週の金曜日に、新しいファンドが、ブロックチェーンと暗号化プロジェクトにさらに投資するために選ばれたトークンファンドのグループを支援することを発表しました。
(出所引用元 https://www.coindesk.com/a-crypto-exchange-is-buying-back-24-million-worth-of-its-own-tokens/)

選ばれた資金はすべて認可されたスポンサーとなる、と付け加えられています。

初期段階では、プロジェクトに資金を提供するために、プレス時に約2400万ドル相当のFTトークンを1億個割り当てます。しかし、FCoinは、自己資本から金額を提供する代わりに、流通市場におけるトークンの買い戻しによって資本が生まれると述べました。

発表された新しい「FT取引ゾーン」というFCoin通貨ペア絡みの追加に伴い、FCoinは、資金拠出を通じて3百万以上のFTを調達し、少なくとも2つのスポンサーによって推薦されたプロジェクトのみが新取引セクションに上場する資格を有すると述べました。

以前CoinDeskの報告によると、FCoinは、取引所のFTトークンを使用してユーザーの取引手数料を払い戻す「送金マイニング」という新しいビジネスモデルの採用により、発売後の取引量が急増した経緯があります。取引所トークンFTの大暴騰の要因と考えられています。

5月24日に取引が開始されてから、6月7日まででUSDT建て約50倍になっており、市場全体が先細るなが、ただ一つのコインだけは火を噴いていました。

このモデルは、長期的な持続可能性に対する業界の批判を引き出しているが、CoinMarketCapのデータによれば、このプラットフォームは過去24時間に約38億ドルの取引量を記録しており、注目度が高いことが伺えます。

しかし、これだけの報道にも関わらず、Fコインですら価格が下落しており、今年の安値を更新中です。

仮想通貨・ビットコインおすすめ取引所ランキング(初心者OK!)

投稿者プロフィール

楊
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
ビットコインFX: