EUは仮想通貨が中央銀行とは距離を置く認識

楊

 
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
楊

 

先月、仮想通貨は中央銀行の経済力には距離を置くと欧州議会は述べた。

欧州議会の経済通貨問題委員会は、6月26日に発行された最新の金融対話報告によると、仮想通貨が金融取引を「比較的安全で透明かつ速く」行っているが、世界の国々の通貨に対して脅威を与えないと述べた。

ワルシャワに拠点を置く非営利の研究機関である社会経済研究所が実施した分析では、仮想通貨が金融取引にもたらしたポジティブな変化を最初に認識し、現在は「国境を越えてグローバルに使用されている」と指摘した。

分析によると、仮想通貨は実質市場の需要に対応しており、「本格的な民間資金」になる可能性や、世界経済にとって永久的な要素になる可能性がある。

しかし、研究者たちは、仮想通貨が中央銀行とソブリン通貨を脅かし、既存の通貨が広く流通している国を中心に既存の通貨構造を解体することは「ありそうもない」と述べた。

現在、分析によれば、市場に流通しているすべての暗号化された通貨の合計価値は、主要なソブリン通貨の価値を大きく左右する。

しかし、いくつかの例外が存在している。

例えば、その報告書ではベネズエラの急激なインフレを挙げており、より小さな通貨管轄区では、暗号化通貨が不安定な通貨の代替案を提供するかもしれないと指摘した。

さらに、金融規制当局は、マネー・ロンダリング、脱税、不正行為への資金援助など、クリプトカレンシーを使用した取引に伴う潜在的なリスクを考慮しつつ

慎重に「その他の金融取引または金融商品」として扱うべきだと示唆した。

仮想通貨・ビットコインおすすめ取引所ランキング(初心者OK!)

ビットコインFX: