仮想通貨は10年以内に主流になるとeToro

 

7月9日、eToroのプレスリリースによると、Bitcoin(BTC)のような暗号化通貨は支払いで恐らく主流になると予測が出された。。(※eToro:FXやCFDサービス展開を行う企業)

すでに3つの主な金銭の基準の1つを満たしていることが分かっています。

Imperial College Business Schoolの教授William Knottenbelt(ノッテンベルト氏)とImperial College Business SchoolのZeynep Gurguc(ガーギック)博士が執筆した「仮想通貨の信用への障壁を克服する」と題されたこの報告書は、

暗号通貨はお金のための「自然な次のステップ」であり、主流の決済手段を「10年以内に」と諭じています。

この報告書によると、仮想通貨は、金銭の3つの基本原則のうち、既に1つを達成しています。交換の媒体として機能し、アカウント単位として存続できているのです。

この調査によれば、Bitcoinなどの暗号通貨が存続するのに必要な要件は、

「スケーラビリティ、利便性、規制、ボラティリティ、インセンティブ、およびプライバシー」の6つが必要とされています。

英国を拠点とする業界団体CryptoUKの議長を務めるGandham氏も、最初のBitcoin取引が行われてからわずか9年も経っていないことについて言及し、「すでに今日の金銭の要件を満たし始めている。 」と発言しています。

彼は、クロスクリエイティブのクロスボーダー支払いを合理化する能力が、暗号通貨として主流に仕立て上げている要因なのかもしれないと付け加えました。

Imperial CollegeのWilliam Knottenbelt教授は、暗号化された通貨は、地方分権化のおかげで、「金融システムと金融資産の性質について我々が把握している通貨機能のすべてを上回る可能性がある」と語りました。

変わって先日、国際収支銀行(BIS)のアグスティン・カルステンズ氏は、仮想通貨は「お金の機能を担うことができない」と発言し、若者たちは「楽してお金を生み出そうという考え」について警告をしました。

記事では、仮想通貨は世界経済における交換の媒体になるためには十分に拡張できないと述べており、双方からの意見があるようです。

仮想通貨・ビットコインおすすめ取引所ランキング(初心者OK!)

投稿者プロフィール

楊
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
ビットコインFX: