韓国cryptocurrencyに前向きな姿勢を示し始める。

韓国中央銀行の韓国銀行(BOK)によると、2017年12月の国内銀行の仮想通貨建て残高は17億7000万ドル相当だったと報道されました。

現地の報道局によると韓国中央銀行は、仲介業者が運営する仮想通貨取引所の総額預かり資産は、約8%に相当する17億9000万ドル(2兆ウォン)を、26兆ウォン(23億7000万米ドル)に上ったとみている。

 

報告書によると、仮想通貨市場が伝統的な地方金融市場に脅威を与えないとしている。

「仮想通貨の投資資産は、従来の株式市場の投資額と比較してそれほど大きくない。地方金融機関に対しても、デジタル資産へのリスクへのエクスポージャーはあまり重要ではなさそうだ。このような状況を背景に、私たちは、仮想通貨資産が韓国の金融市場に与える影響は限定的であると考えている。」

Cryptocurrenciesが伝統的な金融セクターに比較的限られたリスクをもたらすという中央銀行の結論は、韓国金融サービス委員会(FSC)がcryptocurrenciesに「反対していない」と明らかにした。

 

G20のビジョン”統一された”、国境を越えた暗号規則。

3月のG20サミットは、「グローバルな実施」のために提案された必要な「多国間の対応」を評価するために、「国際標準化機関(SSB)」を呼び掛け、7月の締め切りを宣言した。

韓国は、国内の暗号領域の中心的な時期であると考えられるG20の将来の暗号規制に関する多国間ビジョンを肯定している。重要な肯定的なニュースは、春にかけて政府から出ていた模様。特に、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)に関する規制緩和が条項に含まれていると関係筋からのヒアリング。

先週、韓国は暗号通貨の合法化に向けて、3つの韓国省庁が、規制された金融機関に対し暗号取引所を初めて意識した上で新しいブロックチェーン業界への分類基準を制定するためにドラフトの草案をすすめていると報道された。

仮想通貨・ビットコインおすすめ取引所ランキング(初心者OK!)

ビットコインFX: