年内にビットコインは再び1万ドル回復すると予測が大勢

TradingAnalysis.comの設立者であるTodd Gordon氏は、Bitcoin(BTC)がCNBCの6月22日の株式公開草案で2019年までに1万ドル以上の反発前に4,000ドルに下がると予測しました。

Gordonは、BTCが5,000ドル以下に下がり、主な理由で市場の大幅なボラティリティを挙げて、年末までに再び10,000ドルを突破していくだろうと発言しています。

ゴードン氏は、彼の目測を説明するよう求められたとき、「美しい上昇トレンド」をあげ、2015年以降のBTC価格の上昇の類似形状から、以前発言したターゲット通り、19,000ドルの目標に変更がないことを語りました。

アナリストによると、現在の高低の範囲は平均で17%で、BTCの中で最も低い水準の1つです。 「1週間に20,30,40%の時があったので、今はBitcoinで30%減っていれば、それは何もない、2週間でそれを上げることができる」と彼は続けました。

ゴードン氏は、暗号通貨市場は「技術も非常に躍動的である」主張し、技術と市場の感情を考慮して、近い将来に最近の下落分を回復させる可能性について言及をしました。

Gordonのサイト、TradingAnalysis.comは、市場分析と取引戦略を提供しています。ゴードン氏は、原油のような商品を含む他の市場についても予測を行っているアナリストでもあります。

(原油が41ドルで取引されていた2015年11月、彼は約40%減の26ドルになると予測しました。翌年の2月、原油は26.05ドルで取引されていた。)

 

Trefits社は見通しを引き下げ

また株式分析会社Trefisは、6月上旬にBTC年末価格を12,500ドルと予測を建てています。

これは当初予想より2,500ドル低く、少し弱気姿勢に軟化させている状況です。

先月、ウォールストリートジャーナルのアナリスト、スペンサー・ボガート氏によると、主要な暗号通貨は、少なくとも年末までには少なくとも10,000ドル以上となるだろうという見通しを示しました。

彼は、暗号通貨規制により、規律ある制度化によって減速を懸念するものの、長期的な「ストーリー」を見通しており、Bitcoinの未来は「総じてポジティブである」との見解を示しました。

仮想通貨・ビットコインおすすめ取引所ランキング(初心者OK!)

投稿者プロフィール

楊
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
ビットコインFX: