アルトコイン・レバレッジ取引比較!GMOコインが1歩リードか!?

寺子

寺子

 
FX投資家からビットコインにのめりつつあるBTC女子!
臆病なのでまずは下調べをしてから取り組むタイプ。
BitFlyerの「コインをもらう」経由でショッピングしてへそくりを貯めるのが楽しみ。
寺子

 

2018年5月30日、GMOコインの「仮想通貨FX」にアルトコイン4銘柄が追加されました!

 

【GMOコイン追加された銘柄】

– イーサリアム/円(ETH/JPY)
– ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)
– ライトコイン/円(LTC/JPY)
– リップル/円(XRP/JPY)

の4銘柄です。

仮想通貨のレバレッジ取引といえば「ビットコイン」だけであることが多いのですが、主要アルトコインが追加されたことによって、GMOコインの優位性が際立ってきました!

 

【主要取引所、アルトコインのレバレッジ取引ができるのは?】

実は、ビットコイン以外の仮想通貨をレバレッジ取引できる取引所はそう多くありません。

ーGMOコイン

ーQUOINEX

ーDMM

の3つが主要な取引所になります。

 

▼通貨ペア(クロス円を抜粋)とレバレッジを比較したものがこちら▼

※BTCJPYに関してはGMOコインはレバレッジ10倍選択可能

 

銘柄数で言うとDMMコインが最も種類が豊富ですが、レバレッジでいうとQUOINEXが有利です。

GMOコインはその中間という立ち位置ですが、スプレッドはどうなんでしょうか?

 

【レバレッジ取引で重要な『スプレッド』を比較!】

現物取引の場合は長期保有目的なので『どこで一番安く買えるか』『どこで一番高く売れるか』が重要になるのですが、仮想通貨FXの場合は「スプレッドが低い」ということが利益の繋がりやすさに直結します。

果たしてどこの取引所のスプレッドが最も狭いのでしょうか?

 

▼3社スプレッド比較

(※QUOINEXはスプレッド表示がないため価格を抽出してスプレッドを算出しています)

 

QUOINEXのスプレッドの狭さ…!!ただし、QUOINEXのレバレッジ取引はBTCとETHしか取り扱っておりません。

そういう意味では、レバレッジ取引をする上では、イーサリアムはQuoinexにまだ部がありそうなのですが、特にボラテリティが激しいBCHやXRPは取り扱いがありません。

GMOコインではそういった点をついた戦略なのでしょうか?

BCH,XRP,LTCのスプレッドが3%前後に固定されているようでして、収益チャンスが広がりそうです。これは今年の大目玉となりそうですね!

アルトコインレバレッジ取引として最も有望な業者として名をあげたことには間違いはありません。

こういった意味で総合的に仮想通貨FXはGMOコインが最もおすすめの業者として君臨するのではないでしょうか?

今回のGMOコインの行動をを横目に、DMM Bitcoinもスプレッド競争に参加してくるのではないでしょうか??

>GMOコインのその他の記事はこちら

GMOコイン・ツールレビュー!

GMOコイン・RSI使い方 スマホ編〜

 

仮想通貨レバレッジ取引なら5通貨ペア取扱があるGMOコインで決まり!

 

 

ビットコインFX: