JPモルガン、暗号通貨の戦略新部門を創設。ライバルGSに続く。

主要な米国の銀行グループと金融サービス会社、JPモルガン・チェースは、5月17日暗号資産将来的な新戦略の責任者を新たに創設したことを発表した。

ロンドンのOliver Harris(29歳)(以下ハリス氏)が新しく就任し、ブロックチェーン開発責任者、Umar Farooqに報告した。

ハリス氏はまた、JPモルガンの内部ブロックチェーンプロジェクトであるクォーラム(Quorum)を担当している。

クォラムは先月JPモルガン・チェースとカナダ国立銀行が試験を開始したと発表。

情報によると、ハリスは、暗号化通信で積極的に取引するのではなく、銀行の新しい暗号プロジェクトを特定し、指揮する予定である。

彼は、暗号保管サービスとブロック・チェーンがJPモルガンの決済ビジネスでどのように機能するかを調査する予定です。
過去2年間、ハリス氏は、JPモルガンの不動産プログラムをリードしています。

このプログラムは、フィンテックの新興企業と連携し、銀行が有望と判断しています。

JPモルガンの共同会長であるDaniel Pinto氏(以下ピント氏)は、

最近、CNBCとのインタビューで、

「多くの中央銀行が金融システムの「トークン化」が現実的であると考えている」

と述べた。

しかし、ピント氏は、暗号方式の採用は現在の形態では不可能だと強調した。一般的に、投資銀行大手は、暗号化通信に懐疑的であった。

JPモルガンは、2017年の米国証券取引委員会(SEC)年次報告書の「リスクファクター」セクションに暗号化通貨を含めることに加えて、2月にクレジットカードによる暗号購買を顧客に禁止した。

昨年、JPモルガンの会長兼CEOのジェイミー・ダイモン氏は、Bitcoin(BTC)を「詐欺」と呼ばわりし、外部からだけでなく、JPモルガン社内からも批判を浴びている。(BTC取引をしている社員は解雇すると主張したため。)

だがディモン氏はすぐに1月に彼は先の発言を撤回、暗号に対して誤った見方をしたと認めている。

しかしディモン氏自身は「全く暗号にはあまり興味がない」相変わらずだった。

ただ、彼は2014年〜2015年ごろからビットコインに対しては否定的な意見を発言しており、元々これらの存在には興味を示していないようだ。

投稿者プロフィール

楊
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
ビットコインFX:
ビットコイン書籍2月28日発売決定!Amazonで予約開始!

アマゾンでベストセラー! Amazon・書店で好評発売中!