NASDAQ 仮想通貨取引所プラットフォームリリースへ

米国の株式市場の大手ナスダックの技術を使用する最初の暗号の交換は、5月14日月曜日、ファイナンス・マグネーツ社と独占的に来月開始する計画を明らかにした。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)に次ぐ世界第2位の証券取引所であるナスダックは、同社のCEO、Daniel Skowronski氏によると、新しい中央集中型暗号化エクスチェンジ(DX)の技術を提供しております。

Skowronskiは、今後の取引所を「ワン・ストップ・ショップ」と呼んでおり、「ファット・アンド・クリプト、コイン、ウォレット・サービスの交換」専用としてリリースを目指しております。

この報告書によると、DXは取引のための手数料を徴収せず、Bitcoin(BTC)、Bitcoin Cash(BCH)、Ethereum(ETH)、Litecoin(LTC)をメインとして、時価総額の高いコインから開始する予定だ。

第2段階では、交換所は特定の暗号資産を特定することなく、20-25のコインと「小さなトークン」を追加する予定であるとSkowronski氏は述べている。

SkowronskiはFinance Magnatesに語った:

「ブロックチェーン技術をサポートしていきます。この技術が進歩するのを助けることができる方法は、トークンを吟味し、良いものが確実に促進されるようにすることです。彼らが私たちに支払ったからといって、コインを列挙するつもりはありません。価値がある物は積極的にリストに掲載されていきます。」

Skowronski氏はまた、DXは米国の規制当局との「対話」が必要であると述べ、発売当初に米国の個人まではまだ利用できない可能性があると発言しておりました。

先月、ナスダックのアデナフリードマン(Adena Friedman)最高経営責任者(CEO)は、市場がより規制される方向に向かえば、同社は暗号通貨取引プラットフォームはよりニーズを生むこととなるだろうと述べた。

仮想通貨・ビットコインおすすめ取引所ランキング(初心者OK!)

ビットコインFX: