ボリンジャーバンドでビットコイン円を取引!(レンジ相場編)

今回はボリンジャーバンドを使い、レンジ相場で利益を狙います。

前回の記事ではボリンジャーバンドがエクスパンション(広がっている状態)の時はトレンドが発生している合図と紹介しました。

前回の記事:ボリンジャーバンド設定方法と使い方

ボリンジャーバンドを使ってレンジ相場を狙うときは、±1σ〜±3σが真横に収縮している期間を狙ったトレーディング方法です。

この収縮している状態をスクイーズといいます。

現在トレンドが発生していない相場のことで、FXではこのレンジ相場の隙を狙ってスキャルピングでトレードを連続的に方法もあるぐらいです。

 

 ■バンドの中には一定の確率で必ず収まる。

ボリンジャーバンドは「一定期間のローソク足(終値)の統計を分析して作ったライン」です。

+1シグマと−1シグマの間で挟まれて動く確率は68.3%、

+2シグマと−2シグマ間で挟まれて動く確率は95.4%

±3シグマで挟まれる確率は99.7%と決まっています。

 

これを考えるとレンジ相場を見つけたら±2シグマ、もしくは±3シグマの間で売り買いをすれば効率よく利益が出せる特徴があります。実際のチャートを見てみましょう。

■出所:ビットポイント MT4チャート

ビットコイン円の5分足チャートです。上昇トレンドが一旦落ち着き、ボリンジャーバンドがスクイーズしている

薄紫で囲った範囲で見てみましょう。今回は+2シグマ-2シグマ間で売買をしてみます。

  • +2シグマラインを一旦上抜けましたが、2本目で上げ止まり陰線で終わった次のローソク足でエントリー。-2シグマタッチで決済。
  • 先のポジション決済後に-2シグマラインで5分足ローソクが3~4本しっかりサポートされているのを確認し買いエントリー。+2シグマタッチで決済。
  • ②同様-2シグマラインで5分足ローソクがしっかりとサポートされているのを確認し買いエントリー。+2シグマタッチで決済。

 

今回のチャートはきれいですが、ポジションを保持中にボリンジャーバンドがエクスパンションしトレンドが発生した際に損切になる場合もあります。

その際は安易に3シグマでなどと考えないよう要注意です。

今回のチャートでは③の矢印でエントリーし、決済を終えたあとに、さらに上昇してしまいました。

この値動きは前回の記事でご紹介した、エクスパンション手法になります。

ボリンジャーバンドは値動きとともに収縮するので、エントリーと同時に損切ポイントを決めておきます。

ボリンジャーバンドのエクスパンションが見えたら、素早く損切ののち、トレンドフォローに切り替える対応が成功のカギと言えます。

※トレンドフォローが成功するとこのように儲かる!
⇒ビットコイントレード実践記事:2017年 8月上旬の成績
⇒ビットコイントレード実践記事:2017年 10月上旬の成績

 

■ボリンジャーバンドを使う心構え。

逆張りは素早く!エントリーと同時に損切ポイントを決めておこう。

ボリンジャーバンドが広がり始めたら、レンジの終わりの合図。

トレンドフォローの準備をしよう。最後は損切りになる可能性も高いので、最終失点だけは常に受け入れる準備だけはしておきましょう。

これは非常に大事な心構えでして、FXユーザーが誰もが通る鬼門でもあります。

損切りはできるようにしておいてくださいね!

⇒【人気・関連記事】 GMOコイン ・仮想通貨FX専用スマホアプリ「ビットレ君」でトレード

投稿者プロフィール

ひろぴー
ひろぴー
ラジオ日経パーソナリティ兼FX・BTCコラムニスト(週5本・・・。)
FXトレードで毎日ゆったりまったり勝負中!最近はどっぷりBTCトレードにハマっております。過去にXRP70万枚のハッキング経験あり^p^

略歴・経歴はこちらのページへ
https://bitcoin-fx.jp/?page_id=33
ビットコインFX: