イーサリアム・クラシック(ETC / JPY )リアルタイムチャート&レート

【現在のチャート】

※スマホから閲覧の方は、端末を真横に向けて御覧ください。

【イーサリアム・クラシック(ETC)】

Ethereum Classicは、スマートな契約(スクリプティング)機能を備えたオープンソースのパブリックなブロックチェーンベースの分散コンピューティングプラットフォームである。
Ethereumプラットフォームは、「Ethereum Classic」(ETC)と「Ethereum」(ETH)という2つのバージョンに分かれています。フォークの前に、トークンはEthereumと呼ばれていた。フォークの後、新しいトークンはEthereum(ETH)という名前を保持し、古いトークンはEthereum Classic(ETC)に名前が変更された。 Ethereum ClassicはThe DAO Hard Forkに関するEthereum Foundationとの意見の相違の結果として登場した。それは哲学的根拠に基づいてハードフォークを拒否したイーサリアム共同体のメンバーを統一した。 DAOハードフォーク(ブロック1920000)の前にETHを所有していたユーザーは、フォーク後にETCを同量配布した。

 

【最近の話題】

ETCにおけるPoWからPoS移行の必要性があり、その前段階として(2018年5月30日)ECIP-1041フォークが行われた。
すでにETCの51%攻撃の脆弱性も突かれている。

ETC公式ホームページの最新ロードマップによるとETCは8つのプロジェクトを発表していますが、現時点で完了しているプロジェクトはディフィカルティボム(ECIP-1041)のみです。
ただ、システムの改善は50%ほど完了しているとの事です。
期待されるプロジェクトはエメラルドプラットホームと呼ばれ、具体的にはウォレットとサイドチェーンの実装と大幅なパフォーマンス向上をめざす「Mantis 2.0」プロジェクトではないでしょうか。

これらの期待感により価格上昇しそうなのですが・・・。

ビットコインFX: