Bitbankで仮想通貨貸し付けサービスで年利5%!?

寺子

寺子

 
FX投資家からビットコインにのめりつつあるBTC女子!
臆病なのでまずは下調べをしてから取り組むタイプ。
BitFlyerの「コインをもらう」経由でショッピングしてへそくりを貯めるのが楽しみ。
寺子

 

2018年4月から、bitbankでビットコインを含む仮想通貨の貸し付けサービスが始まります。

貸し仮想通貨サービスは、CoinCheckでも同様のサービスを提供していましたが、現在は新規受付は行っていません(2018年3月現在)。

となると、貸し仮想通貨サービスを行えるのはbitbankだけになりますが、Coincheckの貸し仮想通貨サービスとどう違うのかを見ていきたいと思います。

 

【貸し仮想通貨の貸し付け金利比較】


bitbankは基本1年間の貸し付け期間となり、期日未満での解約が可能ですが、解約した場合は一律5%の解約手数料がかかってしまいます。

また、年利はどちらも最大5%となっていますが、bitbankの場合は預けるビットコインの数量によって年率が3~5%に変わります。

coincheckの方は数量には関係なく、貸付日数による年率の違いになりますので10BTC未満の貸付の場合で1年間貸し付ける場合は、coincheckのほうが有利になります。

ここらへんは1年間という期限を長いとみるか短いとみるかですが、既にBTCを大量に保有してて売却する予定がないのなら、単に保有しているだけではBTC自体の数量は増えませんが、貸付サービスを使えば各実に増えるので、使ってみて損はないのではないでしょうか。

 

【複利5%で10年運用してみよう】

ちなみに年率5%といいますが、年利5%で増えた分を元金に含めて複利運用していくと、

5年で120%、10年では162%になります。

ビットコイン自体の価格変動もあるので、対日本円の価格としてはどれくらい増えるのか、それとも減るのかは未知数ですが、「ビットコインの数は増えます」

 

 

【ビットコイン以外の仮想通貨について】

取り扱い仮想通貨すべてに対応予定
リップル、ライトコイン、モナーコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ

 

ビットコインの場合は1BTCからなので初期購入資金が結構かかってしまいますが、

リップルやライトコインなどのアルトコインであれば、数千円~数万円から始めることができます。

(アルトコインの最低貸付枚数はまだ決定していませんが)

今後数年単位での長期保有をしたいアルトコインがあれば、年率5%で増やしてみるのもいいかもしれませんね!

 

サービス開始は2017年4月からですが、bitbank.ccの口座開設は本人確認書類送付完了までは1週間以上かかることがありますので、早めに口座開設をしておいたほうが良いですよ♪

 

ビットコインの積立サービスとも合わせて、堅実な投資方法をぜひ検討してみてください。

 

【合わせて読みたい】

ビットコイン積立サービス・ドルコスト平均法で儲かるパターンとは?

ビットコイン積立サービスなら、bitbank!
bitbank.cc 新規口座開設

ビットコインFX: