ビットコインの日取引量平均値は、2年間で最低値に達する

 

ビットコインの7日間のトランザクション平均値は、日次取引高は過去2年ぶり最低値に達し、16万件を下回るレベルにまで到達をしたようです。

この低水準は2016年3月のレベルのようです。

 

下記はBlockchain.infoのデータによると、ビットコインはこの7日間の平均価格は、過去2017年12月16日から35万件超の取引高から2018年2月の時点で60%の減少ということになります。

最近は低迷期に入っているのは、2016年3月以来初めての7日間でした。平均取引高が16万回未満でした。

 

市場サイクルの変動

ビットコインの取引高の減少現象については、あるアナリストが今後仮想市場に対して、非常に悲観的な見解を示しているようです。

Newscape Capital Groupのチーフ・インベストメント・オフィサーCharles Morris氏は、『現在ビットコインの平均取引高はその値動きのシグナルであり、過去から盛大なサイクルが一周終わった。

現在は低迷しており、弱気市場に参入している可能性が高い。』と述べているようです。

Multicoin資本の創立者Kyle Samani氏は、取引量の減少はもはや企業間でビットコインを決済手段として利用が少なくなる可能性について指摘をしました。

また投資銀行大手、ゴールドマン・サックス・グループも1BTC あたり、6000ドルを下回る見解のレポートを出しているようです。

 

BTC取引高も低下傾向

Locakbitcoinのデータにより、全世界のBTC取引高も4年間で最低水準にまで達しておりました。

Coin.danceのデータによると、過去10週間の中でLocakbitcoinでのビットコインのトランザクションの数は、2017年12月30日と2018年2月24日、それぞれ2回ほど、6,000枚の出来高を下回っている模様です。

トランザクションの落ち込み、取引高の落ち込み、いずれも回復には時間がかかるだろうというアナリストの見解が大半となっているようです。

 

出所:http://www.8btc.com/number-of-confirmed

少額でも月30万儲かるビットコイン革命
仮想通貨レバレッジで勝てる!

ひろぴー書籍
ビットコインFX: