米国企業Square社が仮想通貨取引所へ展開方針へ。

楊

 
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
楊

米国の仮想通貨を用いた資金決済サービスの業務を提供するスクエア(Square社)は、ビットコインを「革新的な技術」と見なしています。

報道によりますと、同社は今後仮想通貨取引所を始める含みをもたせたようです。

昨年、Square社はCash Appを通じて、ビットコインをトランザクションできる機能(Beta版)を発表しました。

1ヵ月前、Square社は全米のユーザーにこの機能をリリースし、今まで市場で最もスムーズ的なビットコイン売買することも提供してきました。

火曜日、Square社の取締役員会で第1四半期の業績発表について議論した結果、現段階では、ビットコイン売買機能は業績に大きく影響が出るまでに時間がある。

暗号通貨のイノベーション力を利用して、より多くの暗号通貨関連の製品やサービスを開発・展開する予定であると述べました。

MarketWatchの報道によると、TwiiterとSquareの共同設立者兼CEOのJack Dorsey氏は、われわれにとっては、ビットコイン取引禁止は反対であり、業界で革新的な技術だと考えている。

可能な限り迅速にその関連知識を身につけたいと語った模様です。

 

Poloniexを買収した米circle社の出資会社はSquare社

Square社は仮想通貨関連の製品ラインを広げる可能性があります。

MarketWatchから収集した報告書によると、現在、決済サービスの業務に依存して収益を獲得以外、さらにビットコインを受け入れるためアプリを開発すると、将来ビットコイン決済対応店舗を増やすことに繋がり、売りポイントとしてPoSに機能追加されています。

一方、アナリストージェフ・キャントウェル氏が、Square社は最終的の狙いはCash AppをCoinbase社に似た仮想通貨取引所に変換する方針かもしれないと予測しているようです。

もしそれを実現できたら、Coinbase社と競合になります。

Coinbase社は、現在、米国で主要な仮想通貨取引所となり、仮想通貨業界ではとても大きな役割を果たしています。

また先日発表されたニュースには、米Circle社がpoloniexを買収すると発表されました。

Circle社の出資社には、Squareも名を連ねるため、前述したような展開を見据えているのかもしれません。

また昨年12月の時点で、Square社はCash Appでのユーザー数は約700万人のようですが、Coinbaseの登録ユーザーの約半分ぐらいの規模程度だそうです。

今後の展開に注目が集まります。

 

出所:https://www.ccn.com/square-sees-bitcoin-transformational-technology-launch-cryptocurrency-exchange/

ビットコインFX: