GMOコイン
RSI使い方 スマホ編〜

今回は外出先でビットコイントレードをする際にものすごく活用できるテクニカル分析を紹介します。

GMOコインのスマホアプリ、ビットレくんを使って外出先でも簡単にトレードできる便利ツールです。

 

【準備するもの】

スマホ(iPhoneでもアンドロイドでも。)

GMOコイン口座

ビットレ君(スマホにインストール済みのモノ)

 

RSIとは

オシレーター系の代表格です。

相場の逆張りやトレンドの転換を狙う指標として大変人気の指標です。

RSIは、「Relative Strength index」を省略したもので、直訳すると「相対力指数」となります。

要するに「相対的に今の相場は強弱どちらに傾いているのか?」を表すものとなります。

そもそも、オシレーターとは直訳すると「振り子」となり、「上か下、一方向に行き過ぎた動きはやがて修正(戻る)される」という考え方がベースになっています。

よって、相場の過熱状態を示し、買われすぎ・売られすぎが判断することが出来ます。

 

RSIはオシレーター系の指標ですので、MACD同様にチャート上に表示せれるものではなく、別枠(黄色)で表示されます。

 

出所:GMOコイン スマホアプリ ビットレ君

※デフォルトの設定は14となっています。

14もしくは9が一般的です。

 

図は4時間足のチャートですが、どの時間軸でもRSIは使うことができます。

以降、わかりやすく日足を前提に解説をいれていきます。

 

RSIの計算式と特徴

RSIは0〜100%ゾーンの間で推移をする指標です。

数字が低ければ、売られすぎ、高ければ、買われすぎを意味します。

 

そして次のような計算式で求める事が出来ます。

・毎日の前日比を集計し、それを上昇した日と、下降した日分ける。

※パラメーターはデフォルト設定の14で計算

・A=14日間の上昇幅の合計

・B=14日間の下降幅の合計

 

この計算式からは分かる事として、RSIとは14日間の値動きの中で上昇・下降分が何%かを

グラフにしたと言う事です。

 

つまり、過去14日間で買い方と売り方とで、どちらがどの程度(%)優勢なのか?

ということなのです。

 

単純ですが、買い方と売り方が均等だった場合、RSIのパラメーターは50%になります。

RSIのパラメーターが50%を超えている時は、買い方が優勢=上昇トレンドと言い換える事が出来ます。

ただ、どんな上昇トレンドにも終わりはあります。

その終わりをRSIのパラメーターで判断する事が目的となります。

 

RSIの具体的な使い方・判断方法

では、一般的なの使い方はと言うと、至って簡単です。

 

1~100%のパラメーターに沿って判断するだけです。

*70%以上のゾーンに来た時が買われすぎ=売りサイン

*30%以下のゾーンに来た時が売られすぎ=買いサイン

 

これだけです。笑

 

RSIはある一定期間(一般的に14日間)の変動幅0%から100%までの中で示しています。

一般的には70%以上のゾーンに入ると「買われすぎ」30%以下のゾーンに入ると「売られすぎ」と判断する事が出来ます。

 

ただ注意点として、それぞれのゾーンに入ったからと言って、すぐに「買い」・「売り」ではなく、70%を超えて来たので「買われ過ぎている」可能性がある、30%を下回って来たので「売られ過ぎている」可能性がある、と参考指標として使うのがベストです。

 

もう少し詳しく説明すると、既に上で記述していますが、買い方と売り方が均等(50%VS50%)している場合、RSIは50%になります。

 

と言うことはRSIの数値が55%60%になると買い方が強くなっているという事になります。

 

つまり、50%を超えてくると買い方がどんどん優位になって来ている、と言い換える事が出来ます。

では何を知らせてくれるかと言うと、数値が70%・80%と上がって来た時に買いの圧力は強くなりすぎているということになります。

『そろそろ利益確定が出てくる頃ではないか? 注意しましょうね!』

と言う事を知らしてくれる訳です。

 

一般的にRSIは単純に買われ過ぎ・売られ過ぎを示し、逆張りのサインとして利用される方も多くいらっしゃいますが、実はそれだけではないのです。

決して、誤認識と言う訳ではありません。

ただ、そもそも上下どちらかで50%を超えているという事はそのどちらかのトレンドが出ている訳ですから、逆張り(反転)のサインが出たとしても、反転というよりは、一時的な調整と見る方が賢明です。

 

ビットコインは本当によく上昇しますが、それでもやはりずっと上がり(下がり)続ける事はありません。ところどころ下落の調整をして2017年は大きく上昇をしました。

よって、トレンドが継続する(している限り)=再び、元の方向へ動き出しますので、新規売買のサインというよりは、利益確定や一時的な調整局面(押し・戻し)の可能性がある、と言う事を主に置きながら使用する事をおすすめします。

 

RSIの使い方 注意事項

またRSIには注意すべき事があります。

上昇、下降を問わず、非常に強いトレンドがある相場では、RSIが100%や0%近辺にしばらく張りつく事があり、そうなってしまうと使いものにならないとい弱点もあります。

 

そういう意味では、ある一定の幅の中で価格が上がったり、下がったりを繰り返す「レンジ相場」などの時に効果を発揮しますので、まずは現状の相場環境を確認する事から始めると良いかと思います。

 

 

これが鉄板!
RSIはダイバージェンスという手法が最も通用する!

そしてRSIにはもう一つの利用方法があります。

それはビットコイン価格とRSIの逆行現象(ダイバージェンス)です。

ダイバージェンスとは、高値圏、安値圏で、ビットコイン価格が以前の高値(安値)水準よりも上昇(下降)しているにもかかわらず、RSIの水準は以前の高値(安値)をつけた時の水準よりも下(上)に位置している現象のことです。

 

 

出所:GMOコイン スマホアプリ ビットレ君

 

上記の図の通り、RSIが天井をつける時(オレンジ○)、その水準が前回つけたRSIの天井(赤○)の水準よりも低いにもかかわらず、Aの価格がBの価格よりも高ければ、「ダイバージェンス」となります。

この「ダイバージェンス」は発生すると相場が転換するとされる事が多く、非常に有効なサインの一つになります。

実際、その後は大きく反落する形になりました。

ダイバージェンスについては、デスクトップアプリMT4のRSI記事についてさらに詳しく書いてあります。

⇛RSI使い方 MT4編〜(デスクトップツール)

ぜひ、上記をご参考ください。

 

まとめ

どのオシレーターにも強みと弱点があります。

このRSIも同様で、単独で使用(判断)するのではなく、移動平均線ボリンジャーバンドを幾つかのテクニカル指標と合わせ、総合的に判断する事で、それぞれの相場に合った指標を利用する事で勝率も上がって来るもののと思います。

ぜひ、皆さんも得意のテクニカル分析を見つけてみてください。

必ずトレードのお役に経つと思われます。資産も自ずと上がっていくでしょう。

参考資料:GMOコイン スマホアプリ ビットレ君

【関連記事】

仮想通貨レバレッジ取引を理解しよう。
おすすめBTCレバレッジ取引所を紹介してます。

投稿者プロフィール

ひろぴー
ひろぴー
ラジオ日経パーソナリティ兼FX・BTCコラムニスト(週5本・・・。)
FXトレードで毎日ゆったりまったり勝負中!最近はどっぷりBTCトレードにハマっております。過去にXRP70万枚のハッキング経験あり^p^

略歴・経歴はこちらのページへ
https://bitcoin-fx.jp/?page_id=33

少額でも月30万儲かるビットコイン革命
仮想通貨レバレッジで勝てる!

ひろぴー書籍
ビットコインFX: