Bitfinex社新規口座開設 一時サービス停止

2017-12-21

米国、大手仮想通貨取引所Bitfinex社の公式ホームページサイトで新規口座開設申し込み制限?

海外メディアの報道によると、Bitfinex社は現在、新規ユーザーが申し込みの際に登録ユーザー招待コードを記入しないと、新規登録することができません。

(私は下記のリンクで検証してみたら、確かに新規申し込み一時停止されています。)

https://www.bitfinex.com/

 

 

しかし、Bitfinex社はその変更について、特に表に公表してないようです。

多数の新規申し込みが殺到されて、対応しきれないことが明らかとなっているようです。

Bitfinex社はその対策として、招待コードの設置するようになっています。

多くのユーザーたちは、ソーシャルニュースサイトRedditを通して、招待コードを取得する方法について討論していますが、それにも関わらず、今のところ、招待コードが付与され、Bitfinexに新規申し込み成功したユーザーはいませんでした。

 

poloniexを彷彿させる。

Bitfinex社自社のインフラや人員不足など様々なトラブルの中、現在の局面に対応しきれないようです。

今年の夏頃のpoloniex社の対応を連想させます。

12月15日の時点で、Bitfinex社はまだ社員募集をしている様子でして、業務もおそらく追いついていないのではないでしょうか。

さらにTwitter上でDDoS攻撃の数が増えていることも公表しているようです。

 

出所:http://news.btc123.com/news/detail?id=10615

 

ゴールドマン・サックスが仮想通貨取引に参戦

ロイター通信によると、2018年の6月までに仮想通貨取引部門の設置を目指しているようです。

株式の高止まり、為替のトレンドレス化に伴い、収益が苦しくなってくることを見越しているのではないでしょうか?

より大きなリターンを求めて世界トップクラスのヘッジファンドも動き出すようです。

来年にはNASDAQにて、ビットコイン先物が上場します。

 

2週間前、CMEでビットコイン先物を導入した後、 米国の証券会社TD Ameritrade、Ally Invest、Interactive Brokers GroupTDなど、それぞれからビットコイン先物市場に参入すると表明もしております。

今後、ビットコイン先物取引を主流になり、さらに多くの注目を浴びるようになってくるのではないでしょうか。

金融王国が動き出しました。仮想通貨市場も少しずつ米国に主導が移っていくのではないでしょうか。

 

出所:http://news.btc123.com/news/detail?id=10613

出所:http://www.8btc.com/goldman-cryptocurrency-trading-desk

ビットコインFX:
ビットコイン書籍2月28日発売決定!Amazonで予約開始!

アマゾンでベストセラー! Amazon・書店で好評発売中!