BTC先物市場は米国が先導か。

 

今回、CBOE(シカゴ・オプション取引所)ではBitcoinが「XBT」として取引を開始されました。

2017年12月10日から12日まで、ビットコインの価格は約17,000ドルに上昇しております。

Global FXの報道によると、12月17日日曜日ロンドンCOE.IOビットコイン取引所のデータにより、ビットコインのドル相場が2万ドルを超えて、新高値に達したことが示されています。

シカゴ・マーカンタイル・エクスチェンジ(CME)では12月18日にビットコイン先物がスタート。

そしてNASDAQ市場では、2018年第2四半期を目処にビットコイン先物取引を開始することを発表されております。

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は、「BTC」としてビットコイン先物契約を開始する予定です。

米国市場におけるBitcoin取引に対し規制緩和する姿勢を見られています。

近い将来、Bitcoinがなどのデジタル金融商品がマーケットの主流になるのかもしれません。

 

■BTCマイニングはアジアが主導

現在、中国はビッグコインマイニング事業は世界第1位であり、世界で約70%の取引量をしめております。

統計によると、Bitcoinの保有者は、主にアジアに集中しており、中国人のビットコイン保有者数は、世界のビットコイン投資家人口の約30%〜42%を締めているようです。

取引が規制されつつも、さすがは中国。

保有量では日本人を凌駕しているようです。

 

また米国政府の後押しもあり、世界最大の取引市場であるNASDAQ市場、CBOE、CMEの3市場にて、Bitcoin先物取引を牽引していくでしょう。

取引所ごとに特定のライセンスを取得した後、新金融商品として発行する流れは継続されそうです。

仮想通貨に関する最新の見解について、SEC委員長ジェイ・クレイトン氏は、

「我々は主流の投資機関がこれらの革新的な仮想通貨を開き促進すると共に、そのやり方や展開をそれぞれ検討する」と述べております。

フィードバックを分析し、独自の投資知識を活用する予定だそうです。

米国の監督当局がビットコインに代表するデジタル金融商品の受け入れを促進し続ける中、今後世界中のデジタル経済力、そして流動性が確保しようと考えているように思えます。

金融市場においても、次はビットコインやイーサリアムのETF化ではないでしょうか。

金余りの米国です。おそらくこちらで世界の資本吸収に走るのではないでしょうか。

【PR】
⇛おすすめビットコイン・仮想通貨取引所ページ

⇛仮想通貨FX・レバレッジ・おすすめ取引所@一覧

【参考元】

http://www.8btc.com/345352

https://mp.weixin.qq.com/s?biz=MjAzNzMzNTkyMQ==&mid=2653772256&idx=1&sn=62c21f42a19c8aa9ee4eb7d9d3d622d5&chksm=4a8949fe7dfec0e82672a4319468a6cd36b052a79de5f676ee8e445d75e823d3b756b0921699&mpshare=1&scene=1&srcid=1218sGvpWNHpiwfoSlJoozBG&pass_ticket=22nOIxItMe2x94vnQGjhncUL4kwCM%2FMo7hSEKIjkkWPikqlFiScQfW3tSli9k%2FcU#rd

 

 

ビットコインFX: