2017年11月の運用成績
まさかの23勝2敗とか人生初かも。

師走です!

 

今年も残り1ヶ月間。このウェブサイトも始動をはじめて1年近くが経過します。

ビットコインというあたらしい投資対象物が出てきてこれほど流行るとは思ってもいませんでした。

 

ただ、流行るかもしれないという可能性にかけてこのサイトを立ち上げておいたのは大正解だったのかなっと感じます。

来年はもっともっとビットコインや仮想通貨FXが流行っていくのではないかと考えております。

 

何よりも株やFXよりも圧倒的に収益をあげられやすいからです。

投機家のアルゴリズムが入っていないため、殆どが対面取引の勝負だからでしょう。

 

いずれこの相場の波は徐々に変わっていくと思いますが、稼げるだけ稼いで稼ぎ通してみたいと思います。

さて、11月のデイ・スイングトレードの運用成績と12月の相場予測をしたいと思います。

 

11月は資金が3倍以上に。

 

【参考】仮想通貨FX・BTCレバレッジ取引をGMOコインで挑戦!

 

正直、この記事を書くためだけに送金した300万円分のBTC

送金後円転したときにやや値下がりで290万円でスタートを切った口座だったのですが、

 

 

1000万を1ヶ月で超えてしまいました^p^

なんだ簡単じゃねーかよww

100万円ぐらい出金もしているので、11月はおよそ+700万円ぐらいでしょうか?

 

思えば、ビットコインの価格が11月初旬に88万円からの60万円の急落をショートでゲット、そして急落後から60万円台でドテンロングに切り替えて、ホールド。

 

その後、一旦90万円で利食いをしてショートにし直したのですが、騙された側だと思い再度、ドテンして強気でロングに。

ビットコインは91万円から130万円まで上昇しました。

 

僕は120万円手前で利食いをし、120万円台で再びショート、103万円ぐらいで買い戻しに成功。

ほぼ走った距離を器用に勝ち取ることができました。

 

11月後半の成績も残しておきます。

 

出所:GMOコイン 仮想通貨FX

 

どんだけな勝率だwww これは正直出来過ぎです(笑)

もうこんなトレード当面残せないと思ったこの頃です。

23勝2敗

強ぎたwwww

 

やっぱり必勝法ってコラムの題名に短期的に変更をしておきましょうか?(笑)

そんなものないんですけどね。

12月は調子にのってコケないようにメンタルコントロールを重視しようと思います。

 

(↓↓11月はほとんどこの基本テクニカルで戦ってました↓↓)
【参考】仮想通貨FX・テクニカル・フォーメーション分析

 

では、チャート分析を簡単に。

 

BTC週足

 

BTC円の週足です。

正直情報は少ないです。えびぞり式に急騰してしまったチャートですが誰でも儲けることができたでしょう。

 

これで11月マイナスだった方はあきらかにレバレッジが高すぎです。

 

証拠金維持率を多めにキープして戦うようにしましょう。500%ぐらいは残しておいたほうが今の相場では無難だと思います。

 

ここでよく勘違いされるのですが、レバレッジが5倍や10倍の口座でトレードするほうが明らかにリスキーです。

 

レバレッジがそこまでしかかけられないということで、証拠金維持率が苦しくなるのです。

 

なるべくレバレッジは25倍と高い口座に設定をして、且つ、証拠金維持率を高くしながらトレードするのがベストです。

 

つまり、25倍口座でBTCの運用をレバ2〜4倍程度でトレードするということです。

 

これで不意な急落、急騰で下手にロスカットされることなく戦うことができます。

 

これはFXトレーダーでないとわからないからくりですから、安易にレバレッジが5倍のコインチェックや15倍のビットラフライヤーFXのほうが安全という勘違いはされないようにしてください。

(この事例は非常に多いです。トレーダーじゃない方のブログ・サイトでは明らかに誤解した内容が含まれているので注意してください。)

 

レバレッジ口座の設定が低い取引所ほど、ロスカット数が増えてオーバーシュートしやすいのです。

先日おきた急落もGMOコインは98万円で止まりましたが、コインチェックは80万円まで下押ししました。

 

これは5倍のレバレッジ口座が原因で、各ユーザーのポジションが強制ロスカットされた証拠でしょう。

この点が理解できるようにして頂ければ幸いです。

 

BTC日足分析

 

BTC円の日足です。

これは情報が詰まってます。

 

ピンクで囲った長い上ヒゲ下ヒゲの十字線に近い陽線と陰線が並んでおります。

これは大きなポジションの交錯があった証拠です。

 

買いと売りポジションが大きく入れ替わったとき出る現象です。

おそらくこの2日間で大きく損失を出された方も多いでしょう。

 

そして昨日の陽線は新規の買いポジションです。リベンジポジションと言いますか、ムキになっているプレイヤーが多いような気がします。

 

っということで、もう一度ふるい落としがあるか、さらに急騰して、その後、もっとひどい急落があるのかもしれません。

 

相場というものは過熱感が出れば出るほど、投資家の心は熱くなります。

 

必ず冷静でいなければいけない時期です。

 

ここからのロングは非常に注意です。中長期ポジションならば問題はないと思いますが、短期的に勝負される方は深い押し目を待つことが得策です。

 

ひろぴーは黄色い線の2つのポイントで買いを待つことにしました。

ぜひご参考までに。

 

相場というものは最初に簡単な利益をもたらせてくれるのですが、最後にひどい仕打ちをしてくる生き物です。

 

この仕打のタイミングでどれだけ耐えられるかを推し量るゲームでもありますので、少なくともこのコラムを読んでくださった皆さんは、最後には生き残れるプレイヤーになって頂ければと思います。

 

12月18日に米国のCMEにBTCの先物が上場しますが、それまでにもうひと波乱あると考えております。

 

米国の機関投機家たちは思いっきりふるい落としをしたあとに、買い仕込んできますので、じっくりとそのタイミングを待ちましょう。

 

また情報があれば、こちらのサイトでご紹介をしていきます。

 

今回はここまで!

仮想通貨FX・レバレッジ取引に興味ある方は下記のページを覗いてみてください。ひろぴーがすすめる取引所4社です。これ以外やらないほうがいいです。正直。

⇛仮想通貨FX・レバレッジ・おすすめ取引所@比較

 

【以前の記事】

⇛2017年11月上旬の運用結果

⇛2017年10月の運用結果

投稿者プロフィール

ひろぴー
ひろぴー
ラジオ日経パーソナリティ兼FX・BTCコラムニスト(週5本・・・。)
FXトレードで毎日ゆったりまったり勝負中!最近はどっぷりBTCトレードにハマっております。過去にXRP70万枚のハッキング経験あり^p^

略歴・経歴はこちらのページへ
https://bitcoin-fx.jp/?page_id=33
ビットコインFX:
ビットコイン書籍2月28日発売決定!Amazonで予約開始!

アマゾンでベストセラー! Amazon・書店で好評発売中!