ビットコイン史上最高値突破!

楊

 
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
楊

 

CMEシカゴ・オプション取引所が年内のビットコイン上場と表明した後、来週ビットコイン先物取引テスト版を開始することで、ビットコインの価格は一度7,977ドルに急騰しました。

再度、史上最高値更新です。

一方、(BCH)ビットコインの時価総額はETHを超えて2位に登り詰めました。さらに一時的に、取引高もビットコインまで超えていたようです。

現在のBTC採掘量は2,030万枚とビットコインの上限枚数2,100万枚に近づいております。

しかし、直近の分裂問題が原因で向こう四半期の間にBTCの総量が2,550万枚程度に限度が引き上げられる可能性があるようです。

 

中国にてBCHが人気

変わってBCHはビットコインブロックサイズやトランザクション時間などを改善されています。

投資家たちに期待されて、一時的に$ 2,500急騰になりました。

中国マイニング会社大手一角のbitmain社がBTCのマイニングから大きくBCHに注力してきたことも原因です。

ハッシュパワーもビットコイン近づくことにより、BTCと逆相関関係が今回のイベントで示されました。

次回にも似たようなイベントがありますと、同じ現象が起きそうです。

今後も注意が必要でしょう。

 

■最近の中国市場

ところで、中国側でビットコイン取引実態について、中国国家互金专委会からの「ビットコインOTCのモニタリング報告」によると、現在のビットコインOTCは、オンラインP2P、オンラインB2Cとマンツーマン取引、3つの方法で行われています。

2017年 10月、国内ICOビットコイン取引所閉鎖して以来、そういった規制の抜け道として取引など盛り上がっている様子を見られています。

最近の2週間、LocalBitcoins、Paxful、CoinColaの3つ海外取引所での人民元ビットコインの総取引高トータル6.8億人民元にまで膨れ上がってきているようです。

現在、中国国内のWeChat、QQ 、Telegram、SlackなどのSNSグループを作って、ビットコイン投資家のコミュニティが激増しているようです。

取引所が停止のため、投資家同士、直に会ってマンツーマンで取引しているようです。

それでも、たった1日だけの取引高約100万人民元を超えてきております。

それ以外、OKExとホウビ海外ビットコイン取引サイトにてC2Cの取引も継続されているようです。

このような中国規制が原因により、地下銀行のような仕組みが中国国内で新たに出来ているようです。

現在でも、仮想通貨と法定通貨間の取引は禁止されていますが、少規模な取引や社会安定に影響を引き起こさない限り、中国政府として、比較的黙認の姿勢をとっているようです。

 

ちょっとマイナーなビットコイン・仮想通貨ニュースまとめ

 

出所参考元:http://www.btc798.com/article-14829-1.html

ビットコインFX: