モナーコイン(MonaCoin)とは(アルトコインシリーズ)

ひろぴー

ひろぴー

ラジオ日経パーソナリティ兼FX・BTCコラムニスト(週5本・・・。)
FXトレードで毎日ゆったりまったり勝負中!最近はどっぷりBTCトレードにハマっております。過去にXRP70万枚のハッキング経験あり^p^

略歴・経歴はこちらのページへ
https://bitcoin-fx.jp/?page_id=33
ひろぴー

今回は国産初の仮想通貨といってもよい、モナーコインの紹介です。

もなもな(ぐずぐず)してたらまさかの急騰!上昇傾向にあったものの900円まで上がるとは驚きでした!(執筆開始時:11/28)
イメージ的に30円コインと思っていたのですが(モナーファンには失礼)700〜800円とここ暫く安定していますね。

一時2,000円を超えました。(2017/12/8:追記)

モナーコイン(モナコイン)は2013年12月に誕生した日本初の暗号通貨です。

ご存じの方も多いと思いますが、あの2ちゃんねるの仮想通貨ボード(コミュニティー)メンバーにより作られた仮想通貨です。

 

■モナーってなんだ?

名前の由来は2ちゃんねるキャラクター、アスキーアートの「モナー」から来ています。

正式名称は「オマエモナー」だそうです。ちなみにアスキーアートとはキーボードから打てる文字(記号)を使って作られた絵のことを言います。(上図参照)

 

■技術的仕様

モナーコイン(MonaCoin)はLitecoin(ライトコイン)をベースに開発され、プログラムはMonacoinprojectにより開発されています。

(参照:ライトコインとはhttps://bitcoin-fx.jp/?p=1669

 

主な仕様は

・P2P(ピアツーピア)分散型ネットワーク

・アルゴリズムはLyra2RE(v2)

・1ブロック処理時間は90秒

・総発行枚数は105,120,000 MONA

・ブロック報酬は現在25 MANA 半減期3年ごと

・2017年4月27日 segwit 完了

segwitを最初に実行した仮想通貨としてもマイナーの中では有名です。

 

■現在のモナーコイン価格

現在27位と上昇して来ています。(2017年12月3日現在:coinmarketcap.com調べ)

 

数ヶ月前までは30~40円ほどで推移していましたが10月上旬から大きく値を上げ、11月28日には一時900円を超え最高値更新しました。

その後下落しましたが、持ち直し現在は26位です。

 


(出典:coinmarketcap.com 11月28日)

⇛モナーコインが取引できて最もスプレッドが狭く購入できる取引所はZaif取引所

現在、価格は1800円前後を推移し、時価総額は約989億円前後です。順位は21位(2017年12月8日現在:coinmarketcap.com調べ)

 

やはり国産ということで日本では人気が高いですね!

 

■日本製仮想通貨として 期待大!

モナーコインはビットコインのように投機的な目的だけではなく一般ユーザーにも親しまれるような運用やサービスが考えられているようです。

コミュニティーでは神社の建立、語呂合わせの投げ銭等、独特かつ自由な発想により今後の発展にも期待出来そうです。

最近ではゲームやコンテストなど賞金としてモナーコインが提供されたり、ホリエモンが「ぼくも買ったよ」とツイートしてからどんどん上っていったような気がします。(定かではないですが^^;)

 

また、決済通貨としても秋葉の一部店舗で実用化されているようです。

珍しい決済としては2014年に土地売買にて取引が成立したと紹介されています。

 

やはり、国産仮想通貨として今後普及していくことを期待したい一つです。

国産と云えばまだメジャーではないですが最近c0ban(コバン)という仮想通貨も同様「国産仮想通貨」です。どちらも日本の社会に浸透して行ってほしいですね。

(参照:日本製 仮想通貨 c0ban(コバン)とはhttps://bitcoin-fx.jp/?p=2624

コバンもここ最近、数ヶ月前の価格から10倍の1000円前後まで急騰しております(2017年12月8日現在)。

モナーコインもc0banも国産仮想通貨として広く普及をしていってほしいですね!

↓モナーコインが一番安く購入できる取引所はZaif取引所!↓
ZAIFで口座開設はこちらをクリック!

ビットコインFX: