更新日:

CMEがビットコイン先物を年内に上場発表!ビットコイン最高値突破中!!!

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)でビットコインの先物を2017年中に上場すると発表された直後、これによりビットコイン価格が全世界で高騰!

日本でも60万円台だったBTC価格が一気に70万円に突入しました。

Bitfinex、CoinDeskなどの取引所の価格指数によると、ビットコインの価格は7000ドル/枚に突破! 1日あたり10%以上の上昇率になりました。

 

****CMEでは年内の上場予定****

CMEでのビットコイン上場は当局の審査を待って2017年中(11月~12月)の上場予定になっていおります。

且つ、CMEに続き、シカゴ・オプション取引所「CBOE」を運営するCBOEホールディングスも年内のビットコイン上場と表明していました。

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)でビットコインが先物として上場の発表につれ、無論、暗号通貨の世界でも非常に大きな影響に与えています。

下図は最近ビットコインの値動きになります。(最高値突破中!!!)

現時点の統計データによると、全体の仮想通貨の時価総額:2020億ドル、その中、ビットコインの時価総額:1265億ドル、仮想通貨市場の62.7%を占めています。

ビットコインは市場に第一位地位を主導し続けている、従来の50%から60%に登り詰めました。

Ethereumは市場シェアの約14%を占めており、ピークは一時期約30%に達しましたが、 2017年6月以来、低迷が続いております。

第3位は、BCHは2017年8月20日の8.06%以来低下し、現在4.9%を占めています。

第4位、XRP——3.84%

第5位、Litecoin——1.45%,

第6位、Dash——1.03%

第7位、Neo——0.84%

第8位、Nem——0.75%

第9位、Monero ——0.66%

そのほかの仮想通貨が全体の時価総額の9.26%を占めています。

 

一方、10月31日に、中国国内のほとんどのビットコイン取引所は、サービス終了されております。

その中、ホウビ、OKCoin取引所からの発表によると、元のドメイン名を保留し、ブロックチェーン・テクノロジーへの投資などのサービス展開し、今期、海外ので取引ライセンスを取得しつつ、海外市場に進出すると発表がありました。

また、OKExというサイトは2017年11月2日に、オンラインC2Cサービスを正式に開始しました。

現在のところ、中国国内のユーザは、主に4つの海外仮想通貨取引所LocalBitcoins、Paxful、CoinCola及びBitcoinWorldで取引をしているようです。

中国国内のモニタリングレポートのデータによると、2017年2月以前、海外取引所でのBTC-CNYの取引高が比較的少ないことが示されています。

2017年2月初めから主要なビットコイン取引所を一時的停止されて、取引高が爆発的に拡大しました。

2017年6月以来、国内取引所で取引高が大幅に減少されました。そして、2017年 9月以降、LocalBitcoin、Paxful2つのサイトから調べた結果:

その間のBTC-CNYトランザクションデータが約5%〜約20%上昇しており、香港にあるCoinCola取引所でもBTC-CNYの取引高が大幅な上昇が確認できました。

上記のLocalBitcoin、Paxful、CoinCola3つの取引所の中で、CoinCola取引所が約7割の取引高を占めているようです。

⇛【参考】ちょっとマイナーな、仮想通貨ニュース簡易まとめページ一覧へ

 

出所参考元:

http://www.btc798.com/business/201711/00014629.htm

http://www.btc798.com/business/201711/00014623.htm