TradingView有料プラン”Pro+(プロ+)”クラウド機能の上手な使い方

TradingView(トレーディングビュー)を、無料(Basicプラン)から有料に切り替える時に、Pro(プロ)Pro+(プロ+)で悩む人は多いでしょう。

ですが相場分析をしっかりとするなら、断然プロ+をオススメしています。

プロ+では、例えばチャートを4画面に分割でき、テクニカ指標が10コも設置できるのです。

この記事では、プロ+の上手な使い方を紹介するので、あなたのトレードスタイルに合っているか確認してください!

 

  BASIC
(ベーシック)
PRO
(プロ)
PRO+
(プロプラス)

オススメ!!
PREMIUM
(プレミアム)
チャート表示数 1 2 4 8
チャート
レイアウト保存数
1 5 10 制限ナシ
インジケーター
設置数
3 5 10 25
同時アクセス端末数 1 2 5
インジケーター
テンプレート保存数

1

制限ナシ

1ヶ月契約 無料
14.95ドル
(1,948円)
29.95ドル
(3,902円)
59.95ドル
(7,810円)
1年契約 無料
155.4ドル
(20,246円)
299.4ドル
(39,006円)
599.54ドル
(78,108円)
    ⬇︎ ⬇︎
⬇︎
ブラックフライデー
(12+1ヶ月分
)
※11/21〜11/25
無料
108ドル
(14,070円)
40%OFF+1ヶ月分
お得!!
179ドル
(23,320円)
50%OFF+1ヶ月分
お得!!
288ドル
(37,521円)
60%OFF+1ヶ月分
お得!!
詳細  

※ドル円現在レートで自動計算、さらに詳しくは各プランの申込みページで金額の確認をしてください)

TradingViewのクラウド機能が使えるPro +(プロ+)プラン

TradingView(トレーディングビュー)のプロ+は、多くのトレーダーがTradingViewの機能をストレスなく使える有料プランです!

特に便利なのは、2台の端末からクラウド上のチャートに同時アクセスできる「クラウドチャート」機能です。

この機能の特徴は、クラウド上のチャートに同時にアクセスするので、片方の端末でテクニカル指標の設置や描画を行うと、もう片方の端末のチャート表示にもそれらが反映される点です。

この機能があれば、より応用的なトレード環境が構築できるようになります。

ちなみに1グレード下のプロプランではこの機能は使えません。

TradingViewの独自性である「クラウド機能」と「出来高プロファイル」を活かすには、プロ+かPremium(プレミアム)の契約が必要なのです。

TradingView、Pro +(プロ+)プランの上手な使い方

TradingViewの上手に使うには、2台同時アクセスとチャートの4画面分割、最大10のチャートレイアウトを駆使します。

上の図のように、4チャートを監視しながら、さらにもう1つチャート見たいときには、スマホやタブレットでも同時アクセスします。

これで実質的に5チャートを同時に分析できるようになります。そして注文は他アプリで行います。

4チャート+1チャートが意外と便利

5チャーと以上を見るなら「チャートテンプレートを切替えれば済むのでは?」と思うでしょう。

しかしタブを切り替えると、頭の中でしていた相場分析を忘れてしまいやすく、もう一度分析し直すハメになり、効率的ではありません。

それに4チャートを比較しながら「あの1銘柄を少し分析したい…」といったときでも、テクニカル指標や描画がクラウド上で反映されるので便利です。

Pro +(プロ+)プランの費用

Pro +
(プロ+)
ブラックフライデー
(1年+1ヶ月契約)
期間限定!
(11/22〜12/1)
月契約 年契約
料金
月13.8ドル(年$180)
50%OFF
年17,950円お得!!
月29.95ドル
月24.95ドル(年$599)
17%OFF
年12,660円お得!!
詳細
 

※ドル円105円で計算(正確な金額は各プランの申込みページで金額の確認をしてください)

TradingView(トレーディングビュー)プロ+費用は、月更新契約だと¥2,995/月ですが、年間契約をすれば、約¥2,620/月で利用できます。

さらにブラックフライデーなどのセールで、契約すればプロ+がなんと50%オフの¥1,500/月になります。年換算だと¥17,970もお得になるのです!

また今年(2020年)のブラックフライデーでは、契約期間が1ヶ月おまけで付いてくるので、計13ヶ月利用でき流ので、さらにお得です。

ちなみにTradingViewのセール告知は、ビットコインFXのtwitterでもお知らせしています。

TradingView公式サイトへ

【まとめ】やっぱりPro +(プロ+)プランが一番オススメ

まとめると、クラウド機能(2台同時アクセス)と、チャートを4分割にできるのがプロ+の特徴です。

さらにインジケーターは10コまで設置できるので、基本的な分析は問題なくできるでしょう。

プロ+とプロの違い

プロとプロプラスの大きな違いは、チャートやレイアウトの保存数の違いです。トレーディングビューは分析ツールで、オリジナルのインジケーターが多数搭載されています。
より効率的に分析を行う場合は、保存数や利用できるインジケーターは多い方が良いでしょう。

今まで他社のチャートツールでストレスを抱えていた人は、ぜひお得な年間プランで契約してみてください!



About 中井剛 98 Articles
ひろぴーが運営するCXR のメンバー。 これまでに、FXや仮想通貨関係の営業、メディア運営、新規サービス立上げ、広告運用、バイヤー業務、ウォレット営業、Webライティングなど、幅広く活動を行う。趣味はラジオ体操とジム、ラジオを聴くこと。