仮想通貨FXに最適!『GMO.コイン』 概要と口座開設方法

 

■GMO.コインとは

2017年6月に、「Z.comコイン by GMO」というサービス名称でリリース。

運営会社はGMOインターネットグループで、FXで取引高世界第一位の「GMOクリック証券」と同じグループ会社です。

その後2017年8月にサービス名称を「GMOコイン」に変更しました。

当初はビットコイン売買とビットコインFXだけの取り扱いでしたが、仮想通貨FXおよび仮想通貨売買

という表現に変わってきており、ビットコインの他、ビットコインキャッシュ、イーサリアムの取り扱いまではじめました。

また今後もアルトコインに関して

10月
ライトコイン(LTC)
イーサリアムクラシック(ETC)
11月
リップル(XRP)

が追加されれる予定です。

 

 

◆取引所じゃない?2wayプライスとは

 

取引所で注文する場合、相対取引なので注文数量が大きい場合、売り側の価格×数量に対して注文数量を確保するために、想定した金額より高くなることがあります。

一方、GMOコインは「2wayプライス」を採用しており、「100万円を超える金額の取引をしたい」「自分の意図した価格で取引したい」
と考える方にとって利用しやすいサービスとなっています。

 

◆レバレッジは5倍~25倍を選択可能

レバレッジは最高25倍まで。

1BTC(=50万円のとき)であれば、2万円ほどの証拠金で保有することができます!

相場変動が激しいので、1日で数万円以上動くことはザラ。

もちろん、マイナス方向に動いた場合はマイナスも大きな金額になりますので、口座資金のリスク管理は十分行いましょう。

取引単位は最小0.001BTC~最大10BTC(回)となっていますので少額から試してみることも可能です♪

 

 

◆仮想通貨FXでスプレッド300円デイを週2回開催中!

通常時のスプレッドは変動制で、700円~800円程度のスプレッドがあります。

それが週2回、火曜日と土曜日の15:00~21:00の間、スプレッドが300円となります!

1BTC40万円~50万円の場合は、スプレッドは0.001%以下になる計算です。

 

高頻度取引を行うにはとても有利な低スプレッドですね。

 

火曜日スプレッド300円DAYの注文画面はこちら

 

300円のスプレッドなんて、方向性が合っていればすぐプラスになりそうです!!

FXだったら110円位に対し最狭で0.2-0.3円程度のスプレッドがつきますが、

それでも0.002-0.003%なんですよ。

40万円代で300円は、0.001%以下のスプレッドなんです!これって実はスゴイ!!

 

 

■GMOコイン・口座開設方法について

 

GMO.coin のサイトより、口座開設へと進みます。

 

口座開設はメール、Facebook、Googleのアカウントが使えます。

すると「仮口座」がすぐに作られますので、ログインして本人情報の登録と本人確認書類のアップロード手続きに進みます。

審査後、郵送で口座開設のお知らせが届きますので、そこに書かれている口座開設コードを入力すればフルアクセスプランにアップグレードされて各種取引が可能となります。

 

口座開設コードは「会員ホーム」で入力します

 

 

 

◆入出金方法

GMO.コイン口座への日本円の入金の場合、楽天銀行、住信SBIネット銀行は手数料無料で即時入金が可能です。

 

 

ビットコインの預入は、GMOコインの手数料は無料ですが、マイナーへの手数料は自己負担となります。

他のアルトコインの預入、送付についてもビットコインと同等ですが、

最低金額や最高金額には違いがありますのでこちらでご確認ください

 

 

=================================

それでは、次回はより詳しいプラットフォームの解説をしていきます♪

 

FX業界取引高第一位のGMOが本腰をいれてきた仮想通貨FX、今後も要注目です!
⇛ビットコインのFX取引ならGMOコイン!

第二話へ⇛GMO.コイン概要と口座開設方法 

ビットコインFX:
ビットコイン書籍2月28日発売決定!Amazonで予約開始!

アマゾンでベストセラー! Amazon・書店で好評発売中!