ビットコイン送金手数料が無料・BTC送付手数料比較まとめ

普段はBitflyerでビットコインを保有しつつ、アルトコインの購入はBitbank ccで、Mt4でのレバレッジ取引はBitpointで…

と、目的によってビットコイン口座を使い分けている方は多いかと思いますが、ビットコインを移動させる際の送金手数料、気にしたことありますか?

 

■ビットコインの送付手数料はマイナーに支払われるものである

ビットコインの送付手数料は実は取引所ではなく、「マイナー」と呼ばれる採掘者に支払われるものです。

ビットコインの採掘(マイニング)とは
ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。

その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われるのです。

(bitflyer:ビットコインの採掘(マイニング)とは より)

 

ビットコイン送付(取引台帳への追記)の報酬として支払われるビットコインの金額は、送付する人が決められるのですが、一般的には0.001~0.006BTC以上とされています。

また、「送付手数料をケチると、ネットワークの確認が遅くなる」ことがあります。いわゆる「送金詰まり」で、2017年5月には16万件以上の送金づまりが起こりました。それは、報酬を受け取る側のマイナー(取引承認者)が送付手数料の高いものを優先しているためで、手数料をケチるとビットコインの着金にすごく時間がかかる場合があります。

ですので、ビットコインの送付手数料は必ずかかるものと思っていてよいでしょう。

この送金づまりを解消するために、各取引所では一律に送金手数料を設けているのですが、送金側に手数料がかからない取引所も存在します。

 

 

■ビットコイン送付手数料無料の取引所があった!

そんな、本来は労働に対する対価として当然支払われるべき送付手数料ですが、

これが「無料」の取引所があります!

 

「BITPOINT」「みんなのBitcoin」です!

Zaif、GMOコインは取引所への支払いではなく、任意でのマイナーへの報酬支払いとなっています。

なぜビットコイン送付が無料になるのかというと、送付手数料を取引所が負担しているからなんですね。

金額は日本円にして225円~450円程度なのですが、送付金額に関わらずかかる手数料なので、送付回数が多い、または一回の送付金額が少ない場合はこの送付手数料無料はかなりお得ですね!

GMOコインの日本円出金手数料無料も他に類がないですが、ビットコインとして運用するのであれば出金をするタイミングはあまりないかもしれません…

ビットコインの取引にかかる手数料は、入出金手数料、送金手数料、取引手数料がありますが

目的に応じて有利な口座を利用してみてくださいね。

 

以上、ビットコイン送付にかかる手数料比較・まとめでした。

おすすめビットコイン取引所・比較

>Bitpointの他の記事

ビットコインでデモトレードが可能な会社【BITPointのMT4でデモトレードを使え!】

ビットコインFX:
ビットコイン書籍2月28日発売決定!Amazonで予約開始!

アマゾンでベストセラー! Amazon・書店で好評発売中!