BCH誕生に引き起こした影響

 

1. ビットコインキャッシュ(BCH)の時価総額世界第三位まで

現在、ViabtcとMC Pool2社採掘事業者がBCHのマイニングしているようです。

中国国内のOKEx取引サイトからBCH取引開始後、BCHの価格が0.1188BTC から0.141BTCまで上昇しています。一時的0.276BTCまで上昇した模様です。

この2日内に世界第三位の仮想通貨資産となっていました。現時点での時価総額約45,985(百万元単位)人民元。

この間、それに対してBTC価格はわずか4%未満変動していました。

しかし、米国一部の取引所でBTC/ BCH、BCH/ USDの為替レートが大きく影響されている模様です。( Kraken社、Bittrex社など)

 

 

 

2.海外の取引所からBCHを付与しない業者も。

米国:Kraken社、Bittrex社からBCHの取引可能との声明発表したが、Coinbase社がBCHは現在売買を認めないと発表している。

それに対して、BTCの保有者に応じてBCHも配布すべきだととCoinbase社ユーザーから不満の声が上がっていている。過激な論調では集団訴訟を企てているとのこと。

またpoloniexもBCHの付与について未回答のままだ。

ディーリーングも送金エラーもいくつか起こっているようで、勝手に相手方にだけコインが送られている現象も起きている模様。

送金したのに、自分の口座にコインが残り、送金先にコインが到着していたという現象が起こっており、これが盗難?ポロのポカ?になっている模様で自ら招いたリスクが増大しているとのこと。(関係筋・実体験談より、ヒアリング)

ポロエニックスの悪い噂は絶えない一方だ。

【関連記事】

リップルお得に買う方法

イーサリアムが一番安い取引所はどこだ!?

投稿者プロフィール

楊
大阪の大学院に通いながら株為替ファンドの事務処理をしているBTC女子!
中国語、英語、日本語のトリリンガル。
海外のBTC情報サイトからトピックスを見つけ出し、配信する役割を担う。
ビットコインFX: