公開日:2019/03/08

3月8日 忙しい!! サラリーマン・OLのための仮想通貨市場、今週の振り返りと週末戦略! 〜Cryptoテクニカル・ファンダメンタルズ分析〜

 

  • フィデリティが強気!米国市場の取引高を9割狙いにいく。

 

米国のETF巨大ファンド、フィデリティがビットコインサービス提供に向けて準備中と先日報道が大々的になされましたが、今週も動きがありました。

ビットコインを始め、仮想通貨には強気の姿勢を強め、2019年度末までに自社サービスで米国取引シェアの90%を取得しようという目標を掲げているようです。

現在のビットコインデリバティブ取引市場は世界最大手『Bitmex』の一強の時代が続いており、現物価格もこちらのレバレッジ価格に引きづられることが多々あります。

各取引所、カバー先として多用されていることが原因に挙げられ、不安定な値動きをするのはこのためだと考えられます。

市場のバランスに変化が起きれば、また新たな値動きが始まるでしょう。

Bakkt取引所やフィデリティファンドの参入には大きく期待して良いと考えます。

BTCも少しずつですが、下値を切り上げてきており、値堅めが始まっております。

本日もチャート分析していきましょう。

 

BTC日足チャートは43円台レジスタンスがポイント

出所:Liquid by Quoine(リキッド・バイ・コイン)

 

【採用テクニカル】

・一目均衡表

・オシレーター:MACD(通称:マックディ・エムエーシーディとも呼ばれる。)

 

BTC日足です。

一目均衡表の雲を一時的に割り込む場面が今週ありましたが、その下落を帳消しにかかる上昇もあり、以前より力強さが増してきました。

この値動きは価値ある上昇だと考えており、個人的には期待をしております。

長らく値動きを眺めているといつもよりちょっとした変化が起こる場面があります。

買いの参入が少しずつ増えてきていることが理由かもしれません。

実に静かに、コツコツと買ってきているように思えますので、大口であるように思えます。

この値動きは今月も続くのではないでしょうか。4時間足に時間軸を落としてみます。

 

BTCJPY4時間足は雲の中だが・・・。

出所:Liquid by Quoine(リキッド・バイ・コイン)

 

BTC4時間足に時間軸を落としますと、46万円台から下落後、レンジ相場に移行しました。

横ばいが続いておりますが、わずかずつですが、下値を切り上げております。

これは良い兆候です。

4時間足ベースではまた上昇トレンドスタートの形状を始めており、テクニカルだけで見ると悪くない形です。

再び雲も陽転しておりまして、ピンクで引いたレジスタンスライン突破から上昇が加速しやすくなるでしょう。

再び44万円台回復に期待が持てそうです。

4時間足ベースでも「三役好転」が狙えます。

 

ETHは雲の上!

出所:Liquid by Quoine(リキッド・バイ・コイン)

 

続いてEthereumです。

日足はBTCと比較してテクニカル形状が良好を維持しております。

週初めに下落こそしたものの、その下落分を上回る上昇を演じておりまして、直近目先のレジスタンスラインが引けるポイントは18500円近辺までありません。

視界良好となっており、上昇加速に期待が持てます。

雲も陽転をキープしておりますし、再び上昇体制に向かうのではないでしょうか。

MACDも再びゴールデンクロスを再開しそうな形状となっておりますので買いのタイミングとしては、現在コラムを書いている状態では成行き買いが良さそうに思えます。

 

ETH4時間足も雲突破が鍵

出所:Liquid by Quoine(リキッド・バイ・コイン)

 

続いて4時間足です。

今週末から週明けにかけての値動きのイメージは青色の矢印で記載をしてみました。

少し上値をトライするものの、もう一度浅い押し目を作って上昇させるとローソク足が雲から脱出しますので、値動き的に軽くなりやすそうです。

目先の個人的ターゲットは16000〜16500円程度でしょうか?

MACDもまだ0.00LINE付近で留まっておりますので、ここから起点に始まるトレンドは長く続く傾向があります。

BTCよりもETHの上昇に期待してロングを継続したいと思います。

 

QASH日足チャート分析

出所:Liquid by Quoine(リキッド・バイ・コイン)

 

今週はQASH分析もしてみましょう!

Liquidコインに名前切り替えとアップデートが期待されており、日足ベースでも上昇が強く見られてきました。

世界を見渡しても、Binance取引所のBNBコインやHOUBI取引所HTトークンも上昇が始まっております。

取引所コインの上昇が目立っておりまして、QASHもその流れを受け継ぎ始めているように思えます。

2月から1.5倍になっていることを考えるとこれから上昇が期待できるのではないでしょうか?

一目均衡表の雲の突破しかけておりまして、大きく上昇が狙えそうです。

目先のレジスタンラインを超えられれば、勢いが強くなりそうなテクニカル形状です。

4時間足に細分化してみましょう。

 

QASHJPY4時間足チャート

出所:Liquid by Quoine(リキッド・バイ・コイン)

 

4時間足ベースではおよそ11〜14円レンジとなっております。

押し目を拾いに行くなら11円をバックに買いを。

攻撃的に行くなら12.5円ぐらいからの雲をサポートに買いで入ろうかな、と考えております。

14円を超えた場合、22円ぐらいまでレジスタンスラインがありません。

薄いマーケットの中を通過していきますので、あっという間に上昇の可能性があります。

大手取引所トークンを追随するような形になれば、現在、国内で認められている仮想通貨の中で目立ってくるでしょう。

QASH改め、Liquid coinの上昇トレンドに期待したいと思います。

基本的に今週も買い目線を継続です。BTCよりもETHのほうが個人的には少し強気です。

またQASHも強いトレンドを生みそうな形状を始めておりますので、大幅上昇にちょっと期待を込めて買いで狙っていくと面白いのではないでしょうか。

 

【おすすめ記事】

New!! → 新しいLiquid Coin (QLC)についてのご挨拶

Liquid by Quoineのツール機能やレビュー記事一覧はこちらから!

【免責事項・注意事項】
本ウェブサイト(https://bitcoin-fx.jp)上にて掲載される情報のうち、仮想通貨にかかる相場展望は執筆者の個人的見解であり、QUOINE株式会社の公式見解を示すものではありません。また、本ウェブサイトへの執筆者の記事掲載は、情報提供を目的としたものであり、ビットコインといった仮想通貨を始めとするいかなる商品についても、その売買等の取引の勧誘・推奨を目的としたものではありません。本相場展望は信頼できると思われる各種データを基に作成されていますが、その正確性、完全性、有用性、信頼性等いかなる保証も行いません。本ウェブサイト上にて提供される情報に基づいて、取引等の行為をなされる際には、自身の責任と判断の下で行ってください。当該行為の結果、損害を被ったとしても、QUOINE株式会社及び執筆者は、一切その責任を負いません。