更新日:

ブロックチェーンカンファレンス2019YOKOHAMA、最新注目プロジェクト!!!

1月30.31日にパシフィコ横浜にてアジア日本最大級のブロックチェーンイベント、JAPAN BLOCKCHAIN CONFARENCE(JBC)開催された。2018年6月に第1回目が開催されこの度2度目の開催だ。

実際に参加してきたので、レポートを報告します!

日本最大級のブロックチェーンイベント「JBC」

JBCとは、ブロックチェーン技術の未来を担う有力企業や団体が、日本から世界に向けて、情報発信をする日本最大級ビッグイベントだ。参加企業は50社を超え、中にはDMM Bitcoinや楽天、LINEなども参加している。

その中で、一際目立っていたプロジェクトがあったので一つ紹介しよう。

そのプロジェクトはQURAS(キュラス)だ。

匿名プラットフォームQURASとは

プライバシーという意味と掛けてQurasグッツとしてサングラスを配ると言う遊び心。画像中央青いサングラスをしているのがファウンダーの角谷氏

第一印象として、会場に出展している各ブースと明らかに違う点があった。

それは、他のブースでは女性モデルが宣伝をしている中、同社はサングラスをかけた筋骨隆々の男性モデルにタトゥーシールを貼り、唯一無二のアピールをしていたことだ。

では実際、肝心なプロジェクト自体の内容はどうなのか。

QURASの独自性

Qurasは、匿名技術がベースとなっているプラットホームで、スマートコントラストが利用出来る。

Ethereumなどのスマートコントラクトは、透明性が高いと言うメリットにある。
しかしコントラクトの内容までもが第三者に公開されているため、プライバシー侵害につながってしまうデメリットがある。これは、ブロックチェーンがビジネスで利用される際の障壁となってしまう。

Qurasでは、スマートコントラクトのトランザクションを非公開にすることができる。また発行したトークンに、匿名決済機能を持たせる事もできる。これによってプライバシーを重視したサービスにもブロックチェーンを活用出来るようになる。

またEthereumの様にQuras上で発行したトークンが流通した場合、発行元にトランザクション手数料の一部が入ってくるため、開発者に支持されるとしている。

Qurasのプレゼンテーションでは、Ledger Walletのアジア担当者が登壇し、Ledger Wallet内にQurasが対応する準備中であることを発表した。プレゼンテーション模様は、以下の動画で確認出来る。

JBCとQUORASのまとめ

「匿名通貨はマネーロンダリングに使われるのでは?」と考える人も少なくないと思う。
しかしそれ以上に匿名性は、資産や個人情報を守る上で必要不可欠と言える。

現在、代表的な匿名通貨はMonero(モネロ)、DASH(ダッシュ)、Zcash(ジーキャッシュ)などが上げられるが、今後それらを凌駕し得る存在として注目していきたい。

 

※Qurasに関する公式の案内はこちら

Quras イメージモデル 小柳栄一

【経歴】

  • SASUKE2017 第33回大会出演
  • 2017 SSA beasty 福岡1st
  • SSAプロ選手