更新日:

仮想通貨c0banが海外取引所へ上場、今後の価格予測

『2019年1月29日に仮想通貨(暗号資産)c0banがロシアの取引所「LATOKEN」に上場した。

1/29、仮想通貨c0banが海外取引上場LATOKENに上場する。
取引ペアは、BTC/RYO、ETH/RYO、USDT/RYO、LA/RYOだ。

LATOKENは取引量が1日50億円ほどある人気取引所である。
今まではJPY/RYOのみの独自取引所「LastRoots」のみで取り扱われており、他の仮想通貨とのトレードはできない状況だった。

しかし今回の上場が決まったことで、JPY以外でも取引可能となる。既にボードアップされており、トレードが開始されるのは日本時間1/29.16時〜21時頃が予想される。

『今後の期待値』

この一週間、80円前後で殆ど動きの無かったc0banだが、直近で変動がありそうだ。

要因としては、以下の3点が挙げられる。

  1. 1月28日、12時頃にマイニングのブロック報酬が、8RYO→1RYOに変更されることにより、マイナーの売り圧力が減る
  2. LATOKENに上場する事による取引量増加,新規海外ユーザー参入
  3. オウケイウェイブとの提携

これらの要因により、今後の価格上昇に期待したい。

LastRootsの概要

LastRootsとは、2016年7月にICOにて6億円超の資金調達を実施し、動画広告と仮想通貨を組み合わせた広告サービスプラットフォーム「こばんちゃんねる」及び仮想通貨取引所(c0ban取引所)の開発・運営を行っている。

SBIグループが2017年12月にLastRootsへの出資を行っており、現在は仮想通貨交換業登録に向けて社内態勢の強化の準備を進めている。
そしてSBIによる追加出資により、2018年4月6日に関東財務局からLastRootsが受けた業務改善命令に対応するべく、SBIグループが役員を派遣し経営管理態勢の強化を図るとともに、同社の仮想通貨交換業登録及び事業成長を支援している。

そして1月29日株式会社オウケイウェイブと業務提携及び、
資本提携へ向けて協議を開始した事を発表。

参照↓
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000019622.html

【会社情報】

会社名 株式会社LastRoots
事業内容 仮想通貨c0ban(コバン)を活用したサービスを展開
設立年 2016年6月2日
本社 東京都中央区日本橋堀留町1丁目8-11 人形町スクエア7F
代表者 代表取締役CEO : 小林 慎和
URL https://www.lastroots.com/

※c0banとはLastRootsが開発した独自仮想通貨